「魂」に対する態度

  • ポイントキャンペーン

「魂」に対する態度

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 264p/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784326152476
  • NDC分類 104
  • Cコード C3010

出版社内容情報

〈私〉の存在に対する驚きから出発し,思索を深めている著者の論文集。伝統的に他我問題,人格の同一性などと呼ばれる問題群が徹底的に考え抜かれる。

〈私〉をめぐって深まりつつ
繰り返される思索は、
隣人をもたない〈魂〉に到達した。

・・・・・・他者とは、いつもつねに、隣人を持たない
ものの隣人である。それは、決して到達すること
のできない、根本的に異質な、もう一つの世界
(の原点)であり、理解しあうことも、助けあ
うことも、ついには不可能な、無限の距離をへ
だてた、あまりにも遠い隣人なのである。
〈魂〉に対する態度とは、それゆえ、それに向
かって態度をとることができないものに対する
愛や共感や理解を超えた態度なのであった。
          「〈魂〉に対する態度」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【目 次】

1 ポスト〈道徳〉的文化の展望
  -ニーチェ的解釈学とその帰結(1)-
2 哲学の極限
  -ニーチェ的解釈学とその帰結(2)-
3 規範の基礎
  -「べき」 の生成論の立場から-
4 質疑応答(Ⅰ)

1 ヴィトゲンシュタインの〈感覚〉と
  クリプキの〈事実〉
2 教えることのパラドックス
  -「学校文化と生徒人格」 序説-
3 世界宗教の外部へ
  -柄谷行人『探求』批判-
4 醒めることを禁じられた夢
  -「デリダ VS フーコー」 への1つの視点-
5 質疑応答(Ⅱ)

1 〈私〉の存在
2 「私」 の同一性と〈私〉の同一性
3 魂に対する態度
  -他人と他者の存在論的差異について-
4 〈魂〉に対する態度
5 質疑応答(Ⅲ)

内容説明

〈私〉をめぐって深まりつつ繰り返される思索は、隣人をもたない〈魂〉に到達した。思想の場所を解体していく哲学の悦び。

目次

ポスト〈道徳〉的文化の展望
哲学の極限
規範の基礎―「べき」の生成論の立場から
ヴィトゲンシュタインの〈感覚〉とクリプキの〈事実〉
教えることのパラドックス―「学校文化と生徒人格」序説
世界宗教の外部へ―柄谷行人『探究』批判
醒めることを禁じられた夢―「デリダVSフーコー」への一つの視点
〈私〉の存在
「私」の同一性と〈私〉の同一性
魂に対する態度―他人と他者の存在論的差異について
〈魂〉に対する態度
質疑応答