他者とは誰のことか―自己組織システムの倫理学

個数:

他者とは誰のことか―自己組織システムの倫理学

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 349,/高さ 20X14cm
  • 商品コード 9784326152285
  • NDC分類 150
  • Cコード C3010

内容説明

自分とは何か、この厄介な問を手離さず、人間と社会を考えぬく。“戦後民衆運動史”の総括へ向かう社会システム論の視座。

目次

1 間としての人‐間(人の間としての人間;我々;人‐間と社会)
2 自己組織システムとしての社会(システム;ゆらぎと自己組織化;自己組織システムとしての社会と人‐間)

著者等紹介

大庭健[オオバタケシ]
1946年浦和市に生まれる。1978年東京大学大学院博士課程単位修得退学(倫理学)。現在、専修大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

己れ一個の実存を手離さず、しかも社会システムとの連動を可能にする理論を模索し、更にそのことが民衆の生き死にと直接かかわってくるような学問を著者はめざしている。

Ⅰ 間としての人-間

第一章 人の間としての人間
1 我
2 汝・我

第二章 我々
1 外界の分節化と<我々>
2 ひと──世の中

第三章 人-間と社会
1 社会の「存在」論
2 行為と理解可能性
3 行為とコンテキスト
社会の外在的実在性と人-間──第Ⅰ部のまとめにかえて

Ⅱ 自己組織システムとしての社会

第一章 システム
1 自然システムと社会システム
2 平衡秩序と非平衡秩序

第二章 ゆらぎと自己組織化
1 過程の組織化と「組織するもの」
2 組織化と情報

終章 自己組織システムとしての社会と人-間


あとがき
索引