ぼうけんはバスにのって

個数:

ぼうけんはバスにのって

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月28日 11時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 92p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784323074238
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8093

出版社内容情報

2年生のタクが、夏休みにバスに乗って、山梨の祖母の家に行くことになった。それも、ひとりで! ドキドキワクワクのバスの旅の中、タクはうっかり寝てしまい、降りる停留所を通り過ぎてしまったかもしれない!? 無事に着けるかな?

いとう みく[イトウ ミク]
著・文・その他

山田 花菜[ヤマダ カナ]
イラスト

内容説明

こうそくバスで、めざすはばーちゃんち!…ところが、小学2年生のタクをまっていたのは、かずかずのしれんとトラブルだった!

著者等紹介

いとうみく[イトウミク]
神奈川県生まれ。『糸子の体重計』(童心社)で第46回日本児童文学者協会新人賞、『空へ』(小峰書店)で第39回日本児童文芸家協会賞を受賞。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人

山田花菜[ヤマダカナ]
神奈川県生まれ。日本児童教育専門学校絵本創作科卒業。ふたりの男児の子育てに奮闘しながら、児童書を中心に創作活動をおこなっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆よいこ

58
児童書低学年向き。2年生のタクはひとりで高速バスに乗っておばあちゃんの所に行く。初めての一人旅、バスの停留所までおばあちゃんが迎えに来てくれるのそのまま乗っていればいいけど…。乗り越しちゃったらどうしよう、隣にこわそうなお兄さんが座ってきて、タクはビクビクドキドキ。▽勇気をだせてよかったね。2019/09/19

杏子

18
図書館にて。夏休み、小学校2年生の男の子が一人で高速バスに乗って、山梨のおばあちゃんの家に行くというお話。一人で高速バスってよく行けたね!大人でも初めて行く時はドキドキものなのに。休憩時間にトイレに行って、自分の乗るバスがわからなくなるって、よくわかるなぁ。出発前に確認するだろうから、置いてかれることはないだろうけど。隣に座った、いっけん無愛想な太ったお兄さんもよかったよ。微笑ましくなった。ちょっとした冒険だね!男の子にとっては。2018/10/07

頼ちゃん

11
子供にとっては大冒険だよね。ドキドキ感がよく伝わった。バスが着くまでの短いお話だけど、とても良かった。いとうみくさんだって、あとから気付いた。さすが!2019/06/24

みつばちい

10
やっぱり大好き、いとうみくさん。初めて一人でバスでおばあちゃんちにいくことになった二年生のぼく。高速バスだから安心と思ったけど、道中でいろんな心配なことに出くわして、はらはらドキドキ。一人だけど一人じゃない、ぼくにとっての大冒険。なんだか泣けました、、。2019/03/31

メープル

9
娘に読み聞かせ。お話の世界に入っているのがわかる。初めて1人で山梨のばーちゃんの家へ行く男の子のお話。うちの娘も内弁慶で、知らない人にはお話出来ないから、きっと自分と重ね合わせてみてたんだろうなぁ。おとうさん、おかあさんの気持ちもわかります。2023/12/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13172754
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。