イソップ―True Friends

電子版価格 ¥1,430
  • 電書あり

イソップ―True Friends

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784323063157
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

35万部以上を記録するベストセラー『ハッピーバースデー』の青木和雄、2年ぶりの小説。

他人との距離は相手を知ることによって縮まっていく。
そうして他人の痛みや哀しみを感じた時、
ほんとうの友だちを見つけるために大切なことが見えてくる。

「人といると疲れる」「人は信用できない」
2000年の総務庁(当時)調査によると小中学生の5人に1人がそう答えています。人との付き合い方を知らず、友だちの作り方がわからないために、人と関わることに恐怖心を持ってしまう子どもたちの姿がこの調査から浮き彫りになりました。
物語の主人公・立河祥吾は転校した先で、今までの学校にはない“濃密な雰囲気”で自分に関わってくるクラスメート草馬と千里に出会います。初めは反発を感じながらも、担任の先生や周囲の大人たちの力を借りて、やがて彼らとトゥルー・フレンズ〜真の友人〜となり、自分の居場所を見いだしていきます。
心に傷を負った子どもたちに、大人がたっぷりと愛情を注ぎ、できていく心の循環を通して、人と人との信頼関係と新しい家族の姿を描きます。

内容説明

立河祥吾は、ある事件がもとで名門私立・楓学園を自主退学。転校先の学校で、みんなからイソップと呼ばれる磯田草馬と、男ことばで話し、男の子の服装をしている女の子・柏木千里に出会う。草馬の顔や背中には、無数の傷があった…。

著者等紹介

青木和雄[アオキカズオ]
神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。専攻は心理学。横浜市教育委員会指導主事、横浜市立小学校長などを経て、現在、教育カウンセラー、法務省人権擁護委員(神奈川県子どもの人権専門委員長)、保護司。1995年より、いじめや児童虐待に関する教師、親、子どもたちの相談、指導にあたる。横浜市在住

吉川聡子[ヨシカワサトコ]
北海道札幌市生まれ。北海道教育大学特設美術課程で日本画を学ぶ。「月刊MOE」のイラスト・コンテストでデビュー。その後イラストレーターとして活躍中。札幌市在住
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おはなし会 芽ぶっく 

15
「本当の友だちってなんだろう?」揺れ動く思春期を迎える世代、自分を理解してくれる友だちの存在を考える。色んな子がいて、それを支える理解ある大人の存在が、揺れる子どもの心に寄り添えるのだろう。この頃にできた友だちって一生もんだよなぁ。2019/08/29

金平糖

7
作者に寄せられたであろう相談や症例が散りばめられている。主人公は小5の私立小学校に通う男子。クラス内のイジメ問題に巻き込まれ公立小学校へ転校。そこで問題を抱えつつも前向きに生きる子や、その子たちを温かく見つめる大人に出会い学び自分が変わり働きかけることで周囲も変化。題名は主人公の親友のあだ名でいくつかの話が引用。彼の宝物は小さい頃母が読んでくれたイソップ物語の本。親は自分の価値観を押し付け子供の心の中の声を聞こうとしていないのではないか?人を傷つけるのも、癒すのも人。人は一人では生きていけないのだ。2006/05/22

栄養素@技術見習い

2
小学生の頃に読んだ本。子供たちの心にできた深い深い傷のお話です。人によっては受け付けないかもしれませんが、もし良ければお手にとって見てください。深いテーマなだけあって、読み応え抜群ですよ。

べあー

2
題材や語り口に好感は持てるけど、あまりにストレートな主張と簡単に登場人物が改心するのについていけない。いい話で、深いテーマなんだけど、「そんなに簡単にいくかなあ」って思いながら読んでしまう。2012/07/31

だいてんしのいぶき

1
【一日で読了】職場ですすめらて。      「ハッピーバースデー」よりこっちの方が好きかな。私は幼少から言いたい事はハッキリ言えるタイプだったから繊細な主人公を見ているともどかしい。楓学園のいじめっ子たちがクラスメートだったら蹴り飛ばしそうな自分がいる(笑)。でも物事一つ一つをしっかりかみくだくように考えて生きるって大事だよなぁ。人生が深くなりそう。ほとんどの事を「まぁいいか♪」で過ごしてきた私の生き方は楽だけど浅い(^_^;)もう少し丁寧に生きたいな~と思いました。2022/02/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/52229

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。