みんなで考えよう!「性」のこと<br> 「ふつう」って何?―性はいろいろ

個数:

みんなで考えよう!「性」のこと
「ふつう」って何?―性はいろいろ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月07日 10時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 48p/高さ 30cm
  • 商品コード 9784323062648
  • Cコード C8336

出版社内容情報

国際的な性教育の指針に基づき、性の多様性について考えを深められます。性別に対する思いこみや、ジェンダーバイアスなども解説。

内容説明

包括的性教育に役立つ!

目次

「ふつう」って、ある?(なぜ「ふつう」だと思うんだろう?)
性別についての思いこみ(ジェンダーバイアスはどこでつくられる?;マンガ「おねえちゃんの恋人」)
性はいろいろ(インタビュー 話を聞いてみよう)
性も生き方も人それぞれ(マンガ「制服を選べる学校」)
選択肢があると可能性が広がる!(みんなを包みこむ社会;日本の取り組み ほか)

著者等紹介

田代美江子[タシロミエコ]
埼玉大学教育学部教授。一般社団法人“人間と性”教育研究協議会代表幹事。『季刊セクシュアリティ』(エイデル研究所)副編集長。専門は、ジェンダー教育学、近現代日本における性教育の歴史、ジェンダー・セクシュアリティ平等と教育。編著書・訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

36
ふつうってなんだろう?性的好奇心ってどのように試したらいいんだろう?昨日娘は趣味が合うお友達と映画「五等分の花嫁」を見てきました。鑑賞後合流し、暑い中スカイツリーまで散歩中に二人がいろいろと恋愛の話をしていてほほえましかったです。「なんで恋なんかするの?」「私はしない!」な~んて話すのも手探りで学んでいる通過儀礼なんだろうなあ。親的にはオープンでいたいものです。2022/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19339231

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。