ノンフィクション知られざる世界<br> 不可能とは、可能性だ―パラリンピック金メダリスト新田佳浩の挑戦

個数:

ノンフィクション知られざる世界
不可能とは、可能性だ―パラリンピック金メダリスト新田佳浩の挑戦

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年07月19日 17時10分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 125p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784323060934
  • NDC分類 K784
  • Cコード C8395

内容説明

新田佳浩選手は、三歳の時に祖父の運転する稲刈り機に腕を巻きこまれ、左ひじから先を失いました。その後、クロスカントリースキーと出会い、「事故の責任を感じている祖父に、金メダルを!」という目標を立てます。そして、四度目のパラリンピック出場で金メダルを二つ獲得し、長年の夢をかなえました。“不可能”に思えることを、数々の工夫で“可能”にしてきた新田選手。彼の半生を、今伝えたい「10の言葉」とともにおくります。

目次

1 “できないこと”を工夫で乗り越える―もうぼくの手は生えてこない
2 “やらされている”と思うことは、成長しない―片手で始めたクロスカントリースキー
3 はっきりとした目標を立てよう―長野のパラリンピックを目指す
4 勝負のときは、油断をしないこと―ソルトレークシティでの銅メダル
5 うまくいかないときは、成長するタイミング―なぜ?メダルがとれない涙のトリノ
6 熱くなれ、本気でぶつかるんだ―お前にぼくの気持ちはわからない!
7 大切な人との時間で原点に返ろう―育ててくれた家族、新しい家族がパワーのもと
8 “自分のため”だけでは、トップに立てない―バンクーバーで世界一になった瞬間
9 応援される自分になろう―ソチでわかった、本当に強い選手とは
10 ゴールは決めるな、さあ前へ―ピョンチャンの先にあるもの

著者等紹介

笹井恵里子[ササイエリコ]
1978年生まれ。現在は、週刊誌「サンデー毎日」(毎日新聞出版)の業務委託記者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

バンクーバーパラリンピックで金メダル2つを獲得したクロスカントリースキーの新田佳浩選手。3歳の時、事故で左肘から先を失った彼が、知恵と工夫で「できない」を無くしてきた半生と、夢をかなえるために大切なことを描く。
新田佳浩選手は今も現役で活動中の選手。平昌パラリンピックでの金メダル獲得に向けて、全力で練習されています。

笹井 恵里子[ササイ エリコ]
1978年生まれ。現在は、週刊誌「サンデー毎日」の業務委託記者。過去の著書に、強迫性障害の実情をまとめた『強迫、くもりのち晴れ、ときどき雨』(長崎出版、現在は絶版)がある。