大人になってこまらないマンガで身につく<br> 大人になってこまらない マンガで身につく お金のちしき

個数:

大人になってこまらないマンガで身につく
大人になってこまらない マンガで身につく お金のちしき

  • 提携先に8冊在庫がございます。(2022年07月04日 12時06分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784323053295
  • NDC分類 K338
  • Cコード C8337

出版社内容情報

お金の大切さや、お金の使い方、人生の各シーンでどれくらいのお金がかかるかなど、お金にまつわる情報を、爆笑必至のマンガで紹介。

目次

第1章 大人になるまでにかかるお金(リアルな人生はゲームじゃない;子どもが自立するための出費)
第2章 生活を成り立たせる給料(どんな仕事をするかで、くらし方がかわる;1か月、1年、一生のお金のやりくり;人生の節目にはお金がつきもの)
第3章 わたしがコントロールできるお金(おこづかいはトレーニング;家庭の支出はみんなでおさえられる)
第4章 お金は動きながら価値をかえていく(家や財布にないお金はどこに?;お金が動くから経済が発展する)
第5章 お金の価値は時代とともにかわっていく(キャッシュレスってなに?)

著者等紹介

泉美智子[イズミミチコ]
子どもの環境・経済教育研究室代表。全国各地で「女性のためのコーヒータイムの経済学」や「エシカル・キッズ・ラボ」「親子経済教室」など講演活動の傍らテレビ、ラジオ出演も。環境、経済絵本、児童書の執筆多数

大野直人[オオノナオト]
1976年生まれ。広告デザイン会社勤務を経て、2002年よりイラストレーターに。イラストやマンガなどを中心に活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

アナクマ

24
前半は、小学生が『人生ゲーム』でお金の出入りをシミュレート。ガイド役の台詞「(買った頃の)キラキラした気持ちでモノを大切にできていますか?」「イベントはお金にはかえられない価値がある」「アルバイトは興味のあることにチャレンジするチャンス」◉後半。給料、管理、経済、価値について。「安さだけがすべてではありません」「人に喜んでもらえる使い方ができるといいですね」◉「お金は旅立ちます。そこに残ったものが本当の価値です」◉お金教育がなかった時代について、それが何故だったのかを考察した本があれば読んでみたい。2022/06/03

シュウヘイ

2
お金持ちの子供はお金持ち 貧乏な子供は貧乏なまま 今も昔も原則は変わらないのかもしれない 子供の頃からどうやってお金を稼ぐのか、どうやって生活していくのか教えるのは重要2021/11/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18489620

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。