大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本<br> あかいろうそく

個数:

大人になっても忘れたくないいもとようこ名作絵本
あかいろうそく

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/高さ 31cm
  • 商品コード 9784323038957
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

さるがもってきた「はなび」にひをつけて、どうぶつたちがドキドキしながらまっていると…?新美南吉のたのしいおはなし!

著者等紹介

新美南吉[ニイミナンキチ]
1913年愛知県生まれ。半田中学から東京外国語学校に入学。4歳で実母を亡くした後、新美家の養子となり、複雑な家庭環境の中で成長。中学3年の頃より文学に興味を持ち始め、童謡、詩、童話の創作活動を始める。雑誌「赤い鳥」に投稿し、鈴木三重吉の推薦を受ける。東京外国語学校卒業後に喀血し帰郷。その後、女学校の教師をしながら執筆活動を続けるが、1943年結核により30歳の若さで他界した。代表作に『がちょうのたんじょうび』など多数

いもとようこ[イモトヨウコ]
兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油画科卒業。『ねこのえほん』『そばのはなさいたひ』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を2年連続受賞。『いもとようこうたの絵本1』で同グラフィック賞受賞。2015年、パリとボローニャで絵本原画展を開催(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

グレ

54
見慣れない赤い蠟燭を花火だと思い込み、お山へ持ち帰って亀や鼬や猪ら仲間達と打ち上げを計画するお猿さん。けれどもみいんな怖がりでなかなか誰も火をつけられない……。ただの蠟燭なのにね(笑) 4歳で実母を亡くし、新美家の養子となって複雑な家庭環境の中で育ち、結核で夭逝した南吉先生が22歳のときに書きんしゃったユーモラスなお話。いもとようこさんの温かみのあるイラストがまたよくマッチしていて◎ 32㌻2019/10/24

わむう

24
新美南吉さんが22歳の時に書いた物語だそうです。猿が拾った赤いろうそくを花火と勘違いし誰が火種をつけるのかをくじ引きで決めます。皆んな怖くて失敗ばかり。でもせっかく火をつけたのに花火は上がらず森の動物たちは、いつ花火が上がるかと待ちぼうけするのでした。2018/06/09

遠い日

16
新美南吉のお話の中でも、好きなお話。さるのかわいい勘違いと森の動物たちの気持ちの昂り。知ったかぶりと現実のギャップ。赤いろうそくの静かな火もまた、動物たちの気持ちに染み入るものであったでしょう。2018/03/04

魚京童!

15
信じるものは救われるし、信じているときのほうが幸せ。実物を見てしまうと想像よりもしょぼくて嘆いてしまう。いつもいい夢だけを見ていたい。そのほうが幸せ。なんだろうね。幸せって。だって夢の中でなら、自分の思うがまま。わがままを突き通せないこの世界で、想像の世界に逃げ込むことができる。いつだって逃げてやるって思うけど、あかいろうそくに火が灯っているだけなのかもしれない。2021/01/02

Cinejazz

14
里山で遊んでいたお猿さんが、一本の「あかいろうそく」を拾ったことから始まる、山に棲む動物たちのユーモラスな光景が語られた爽やかな童話絵本です。 赤い蝋燭を打上げ花火と思いこんだお猿さんは、山の仲間たち(鹿やシシ、🐇と🐢、イタチに狸と🦊)に、夜空に舞う花火の美しさを話して聞かせました「今晩打ち上げてみよう」。 みんなは、胸おどらせて山のてっぺんの集まりました。さて、木の枝にくくりつけた蝋燭に誰が火をつけるのか? みんな火をつけることは好きではなかったのです。くじを引いて決めようとしたのですが・・・。2021/12/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12547416

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。