日本の文学
友情・愛と死

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 286p
  • 商品コード 9784323007892
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

失恋によって精神が高められてゆく青年像をあざやかに描く「友情」、その続編ともいうべき、死別の愛をテーマに生きぬく人の貴さを謳う「愛と死」。作者の代表作であるばかりでなく近代日本文学有数の青春小説である。   小学校高学年~

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

安宅涼

0
共通しているのは「恋愛という激情」。それが一方なのか双方なのかがこの二つのはなしの大きく違うところ。激情はときに喜びを、ときに残酷をもたらすものだな、と。2013/06/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/208733

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。