東大教授も惚れる!日本史アッパレな女たち

個数:
電子版価格 ¥1,188
  • 電書あり

東大教授も惚れる!日本史アッパレな女たち

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月26日 15時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784087880175
  • NDC分類 281.04
  • Cコード C0021

出版社内容情報

女帝、美女、毒婦…日本史上に名を残す女性たちがガチ対決! 東大教授も惚れる女っぷりから歴史がわかる。まんきつのイラストも必見!

内容説明

日本史を飾る42人の美女・才女・毒女がガチンコ対決!歴史を騒がせた女たちの対決で、日本史の裏の裏までよくわかる!

目次

第1場 容姿端麗・才色兼備―美女ゆえに愛され、美貌ゆえに堕ち(絶世の美女対決―お市VS陸奥亮子;神がかり美女対決―卑弥呼VS細川ガラシャ ほか)
第2場 野心満々・虎視眈々―野望に燃え、策略にはめ(ニッポンの女帝対決―持統天皇VS春日局;疑惑の女対決―淀殿VS日野富子 ほか)
第3場 才気煥発・千両役者―才に優れ、才に溺れ(ベストセラー作家対決―紫式部VS樋口一葉;女子大対決―新島八重VS津田梅子 ほか)
第4場 愛執染着・無我夢中―恋に走って愛に生きて(二股歌人対決―額田王VS和泉式部;スキャンダル対決―孝謙天皇VS藤原高子 ほか)

著者等紹介

本郷和人[ホンゴウカズト]
1960年東京都生まれ。東京大学史料編纂所教授。東京大学・同大学院にて石井進氏、五味文彦氏に師事し、日本中世史を学ぶ

まんきつ[マンキツ]
1975年埼玉県生まれ。漫画家。2012年開始のブログ『まんしゅうきつこのオリモノわんだーらんど』で注目され、2015年に初の単行本『アル中ワンダーランド』(扶桑社)を刊行。2019年2月にペンネームを「まんしゅうきつこ」から「まんきつ」に改名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かめりあうさぎ

31
初読み作家さん。「女性が出てこない歴史に興味が持てない」と話した女子学生の言葉をきっかけに東大教授が書いた歴史本。様々な時代の女性にフォーカスしていて、またテーマを絞っての対決形式ということで大変楽しみながら読めました。漫画も多くてイメージがしやすかったです。意外だったのは、戦国時代に外国から梅毒が輸入されるまでは、性を売りにする女性が決して社会的に蔑まれてはいなかったということ。そういう時代もあったのですね。こういうところから興味を持って歴史を調べるというのは確かに勉強しやすい流れだなぁと思いました。2019/11/19

たまきら

29
もっといろいろな女性が掘り起こされるのかな?とワクワクしていましたが、著者の他の本でも登場する女性ばかりで、いや、面白かったんですけど、やっぱりちょっと視点が男性目線でちょっと残念。逆に日本史が大好きな女性と一緒に男女の視点の違いにビックリするような本になっていたら面白かったろうな。 2021/05/01

みいやん

7
軽快で解りやすい文章で読みやすかったし、おもしろい対決形式だった。2019/10/24

めえめえ

6
教科書には載っていなかった話題の女性たちも登場。美福門院得子など歴史を動かした女性も多くいたのですね。ウィーンフィルのへーデンボルク兄弟の母方祖先が大垣のお殿様だったのは知っていましたが、ウィーンとの繋がりが伊藤博文にあったのはビックリ!登場人物の時代が前後するので年表が欲しかったな~面白かったので本棚に置いておきます。2020/02/13

Eurek@

6
本郷先生の語り口調で書かれているので、どんどん読めました。対決形式なのが面白い。義経は静御前でなくて郷御前という人を平泉まで連れていったなど、意外な事実も知れたし、まんきつさんのイラストや本のデザインも楽しい、日本史エンタメ本でした。2019/09/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14033973

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。