デジタル時代の金融システム―欧州と日本からの視点

個数:

デジタル時代の金融システム―欧州と日本からの視点

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月05日 21時48分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 284p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784322140385
  • NDC分類 338.21
  • Cコード C2033

内容説明

AI(人工知能)、DLT(分散型台帳技術)の台頭のなかで通貨、金融機関のビジネスモデルはいかなる変貌を遂げるのか?米中が牽引する巨大なデジタル・トランスフォーメーションの潮流の狭間で揺れる、欧州と日本を代表する論客13人による考察。

目次

序章 デジタル時代の金融システム―欧州と日本からの視点
第1章 金融市場の将来
第2章 日本における金融デジタライゼーションと規制上の対応
第3章 デジタル通貨とマネーの将来
第4章 名目金利がマイナスの世界における中央銀行デジタル通貨
第5章 DLTベースの欧州経済における未来の決済―ロードマップ
第6章 日本の決済手段のデジタル化―キャッシュレス決済とポイントシステム
第7章 リテール銀行業の変貌とデジタル・バンキングの未来
第8章 独自の進化を遂げる日本のHFT

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

70
欧州と日本の金融システムがデジタル化とともにどのように変化していくのかを概観しています。とくにコロナ下での課題として3つのSということで、Social、Sustenability、Solidarityを挙げています。また中央銀行のデジタル通貨ということでCDBCをどのようにしていくのかも展望しています。数年前にフェイスブックのリブラというのが出ましたがそれが引き金となったようです。理論的な観点が多いのですが、現状としてはやむを得ないのかもしれません。2022/04/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19537384

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。