地銀 構造不況からの脱出―「脱銀行」への道筋

個数:

地銀 構造不況からの脱出―「脱銀行」への道筋

  • ウェブストアに111冊在庫がございます。(2021年05月13日 12時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 194p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784322138573
  • NDC分類 338.61
  • Cコード C2033

内容説明

「地域銀行も変化に適応し自己変革しなければ展望は開けない」再編議論の高まり、規制緩和の進展、金融当局のサポート…メニューは揃いボールは地域銀行側にある。地域における圧倒的な信頼と顧客基盤を活かし、いかにして新しいフロンティアを切り拓き、地域エコシステムを構築していくか。本書にそのヒントがある。

目次

第1章 銀行は特別か―なぜいま地域銀行の問題なのか
第2章 前史―バブル崩壊と大手銀行・地域銀行 地域銀行はなぜ生き延びられたのか
第3章 コロナショックと「コロナ7業種」―再生のカギを握る地域銀行の対応
第4章 コロナショックと地域銀行―基礎的収益力低下に追い打ち
第5章 経営環境の構造変化―楽観的見通しとの決別を
第6章 構造不況の地域銀行の処方箋―出揃った改革に向けた政策メニュー
第7章 地域銀行の戦略転換―「脱銀行」の実現に向けて
第8章 結語―コロナショックを超えて 「第二の創業」に踏み出す時

著者等紹介

高田創[タカタハジメ]
1958年生まれ。1982年3月東京大学経済学部を卒業、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。1986年オックスフォード大学開発経済学修士課程を修了。みずほ証券市場調査本部統括部長、執行役員、チーフストラテジストなどを経て、2019年みずほ総合研究所副理事長。2020年岡三証券グローバル・リサーチ・センター理事長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。