KINZAIバリュー叢書<br> 金融危機の本質―英米当局者7人の診断

個数:
  • ポイントキャンペーン

KINZAIバリュー叢書
金融危機の本質―英米当局者7人の診断

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 249p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784322119459
  • NDC分類 338.9
  • Cコード C2033

内容説明

「金融消費者保護」から「ネットワーク・サイエンス」まで、金融先進国の当局で議論されている金融規制の最先端。

目次

第1章 ターナー:イギリス金融サービス機構会長―真にラディカルな問題
第2章 イエレン:アメリカFRB副議長―マクロ・プルーデンスの観点に立った政策の展望
第3章 ホールディン:イングランド銀行金融安定問題担当理事―ネットワーク・サイエンスの知見
第4章 ベアー:アメリカ預金保険公社総裁―本気でトゥー・ビッグ・トゥー・フェイルを終わらせる
第5章 ヴィッカース:銀行問題独立委員会委員長―古くて新しい問題の検討
第6章 ウォーレン:大統領補佐官兼「金融消費者保護局担当」財務長官特別顧問―金融消費者保護の取組み
第7章 サンツ:イギリス金融サービス機構CEO―金融機関の文化を考える

著者等紹介

石田晋也[イシダシンヤ]
東京大学経済学部卒業。平成2年大蔵省入省。カリフォルニア大学サンディエゴ校大学院留学。IMF、青森県庁、財務省、金融庁を経て平成21年東京大学大学院客員教授。23年7月より金融庁・証券取引等監視委員会開示検査課長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。