最新金融取引と電子記録債権の法務

個数:
  • ポイントキャンペーン

最新金融取引と電子記録債権の法務

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 295p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784322117134
  • NDC分類 338.32
  • Cコード C2032

内容説明

「預金の差押えと取扱店舗の特定」「銀行融資と取締役の注意義務」「手形と商事留置権」など、金融法務の最新テーマを36講に集約。電子記録債権法の概要も、手形法との比較を交えつつ、最近の文献をふまえて解説。

目次

第1編 最新金融取引法務36講(護送船団方式の金融行政と預金保険法;金融機関の守秘義務と個人情報保護法;弁護士会照会と金融機関の守秘義務;個人情報保護法施行後の金融機関の情報管理;金融機関との取引の相手方と犯罪収益移転防止法 ほか)
第2編 電子記録債権法概要(電子記録債権法総説;電子記録債権の特徴;電子記録債権の発生;電子記録債権の譲渡;電子記録債権の流通保護 ほか)

著者紹介

武井康年[タケイヤストシ]
広島総合法律会計事務所所長・弁護士。昭和49年東京大学法学部卒業。広島弁護士会会長(平成19年度)。日本弁護士連合会副会長(平成21年度)。広島大学法科大学院教授(平成16年~19年)

大迫唯志[オオサコタダシ]
広島総合法律会計事務所副所長・弁護士。昭和54年中央大学法学部卒業。広島弁護士会会長(平成22年度)。広島大学法科大学院教授(平成19年~22年)

後藤紀一[ゴトウキイチ]
広島総合法律会計事務所・弁護士。昭和45年神戸大学大学院法学研究科修士課程修了。法学博士(昭和61年)。ケルン大学(独)、バーミンガム大学(英)留学(昭和63年)。広島大学名誉教授(平成19年)。現在、金融法学会理事(平成12年~)、近畿大学法学部教授(平成19年~)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)