金融犯罪対策の手引き―最前線の取組みと今後の展望

個数:

金融犯罪対策の手引き―最前線の取組みと今後の展望

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 207p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784322115291
  • NDC分類 338.5
  • Cコード C2033

内容説明

振り込め詐欺、偽造カード事件、マネー・ロンダリング…多様化する金融犯罪にどのように対処すればよいのか。

目次

第1章 金融犯罪対策―なぜいま重要なのか(本書における金融犯罪の分類;国内の状況;国際的な圧力)
第2章 金融犯罪類型別の対応施策(金融犯罪対策の検討のポイント;金融犯罪類型別の対策;ガバナンス(統治)構造)
第3章 ケース・スタディ―事例の考察(不正払戻し、振り込め詐欺等;マネー・ローンダリング等;金融市場への信頼を害する違法行為)
第4章 金融犯罪対策の戦略的位置づけ(顧客満足度および収益の向上;社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)の遂行)
第5章 今後の展望(米国における金融犯罪への取組み;国際機関の動向;金融犯罪領域の拡大;日本における金融犯罪への取組み;金融機関の今後の展望)

著者紹介

杉浦宣彦[スギウラノブヒコ]
中央大学大学院戦略経営研究科(ビジネススクール)教授/法学博士。中央大学大学院法学研究科博士課程後期課程修了 博士(法学)。香港上海銀行・金融庁総務企画局金融研究研修センター研究官・JPモルガン証券を経て、現職。専門は金融法ならびにIT関連法

有友圭一[アリトモケイイチ]
デロイトトーマツコンサルティング株式会社パートナー。銀行・証券コンサルティング部門および金融犯罪対策サービス部門の責任者。近年は、グローバル金融機関に対するマネー・ローンダリング規制対応、金融犯罪対策組織設計、業務プロセス設計、システム設計・構築に従事。米国公認会計士。英国ウォーリック大学MBA

高橋さやか[タカハシサヤカ]
有限責任監査法人トーマツシニアマネジャー。米国公認会計士。公認不正検査士。米国ACAMS認定AMLスペシャリスト。三菱信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)勤務を経て現職。早稲田大学第一文学部卒業

関谷正樹[セキヤマサキ]
デロイトトーマツコンサルティング株式会社マネジャー。金融インダストリーグループ。慶應義塾大学商学部卒、会計士補、上級システムアドミニストレータ。地銀協コンプライアンス検定試験問題作成委員(平成20年度~)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)