ビタミンE研究の進歩〈5〉

  • ポイントキャンペーン

ビタミンE研究の進歩〈5〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 350p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784320061040
  • NDC分類 464.57

目次

VITAMIN E BENEFICIALLY MODULATES IMMUNE RESPONSES AND RISK FOR CHRONIC DISEASES
動脈硬化発症のメカニズム
内皮損傷とビタミンE
LDL変性とビタミンE
マクロファージ、血小板とビタミンE
脂質過酸化反応に及ぼす銅イオンとα‐トコフェロールの相互作用の影響
トコフェロール同族体とセサモール・ビタミンCとの相互作用
リン脂質のリポキシゲナーゼ反応に対するα‐トコフェロール関連化合物の抑制作用
ビタミンEの抗酸化反応のポテンシャル曲面の研究
ビタミンEラジカルの生成と反応〔ほか〕

出版社内容情報

【解説】
第5回「ビタミンE研究会」の講演記録を成書化。

【目次】
動脈硬化発症のメカニズム・内皮損傷とビタミンE・LDL変性とビタミンE・マクロファージ,血小板とビタミンE・ビタミンEの抗酸化反応のポテンシャル曲面の研究・ビタミンEラジカルの生成と反応