大絶滅―2億5千万年前、終末寸前まで追い詰められた地球生命の物語

個数:
  • ポイントキャンペーン

大絶滅―2億5千万年前、終末寸前まで追い詰められた地球生命の物語

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 01時56分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 323p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784320056855
  • NDC分類 457

目次

第1章 はじめに
第2章 原因たちの不協和音
第3章 南中国間奏曲
第4章 それは時間の問題だ
第5章 濾過食者たちの失敗
第6章 南アフリカの楽園
第7章 ペルム紀の海洋危機
第8章 結末
第9章 復活と回復
第10章 ペルム紀‐三畳紀パラドックス

著者紹介

大野照文[オオノテルフミ]
Dr.rer.Nat.1951年京都府生まれ。1974年京都大学理学部卒業。同大学院修士課程、博士課程を修了。1983年Bonn大学(当時西ドイツ)でDoktor der Naturwissenschaften取得。1986年京都大学理学部助手、1990年京都大学理学部助教授、1997年京都大学総合博物館教授となり現在に至る。専門は二枚貝の化石だが、スキューバで生きた二枚貝を観察したり、多細胞動物の起源に興味を抱き、ロシア、アフリカなどへも調査に出かけている

沼波信[ヌナミシン]
修士(理学)。1982年岐阜県生まれ。2004年京都大学理学部卒業。同大学院理学研究科修士課程修了。現在博士課程在学中。専門は古脊椎動物学で、主に沖縄の洞窟から産出するシカ・イノシシ・ネズミ等、第四紀の脊椎動物化石の保存・変質過程について研究している

一田昌宏[イチダマサヒロ]
修士(理学)。1981年兵庫県生まれ。2008年京都大学大学院理学研究科修士課程修了。現在博士課程在学中。専門は古生代・中生代の微化石で、石炭紀・ペルム紀の有孔虫および石炭紀~三畳紀のコノドントを研究中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

2憶5千万年前、地球上の全ての生物種の95%が姿を消す大絶滅がおきた。このとき地球生命はどのように終末寸前まで追い詰められていったのか。