10億分の1を乗りこえた少年と科学者たち―世界初のパーソナルゲノム医療はこうして実現した

個数:
電子版価格 ¥1,728
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

10億分の1を乗りこえた少年と科学者たち―世界初のパーソナルゲノム医療はこうして実現した

  • ウェブストア専用在庫が42冊ございます。(2018年11月17日 17時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 324p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784314011655
  • NDC分類 936
  • Cコード C0040

内容説明

2007年5月、ものを食べると腸に穴が開き、皮膚から便が漏れるという奇病を患った2歳の少年がウィスコンシン小児病院に運ばれる。“10億人にひとり”レベルの症例で診断名もつかない。このままでは命がもたないと思われた。万策つきた医師たちは2009年、最後の手段として臨床の場では世界に例のないゲノム解析により、原因遺伝子を突きとめるという大胆な試みに踏みきる―。ピューリッツァー賞解説報道部門受賞記事を書籍化!

目次

越えられない一線―二〇〇九年六月
四文字の向こうにあるもの―一九九三年四月
大きな決断―一九九三~九六年
ハーメルンの笛吹き―一九九六~二〇〇四年
尋常ならざる患者―二〇〇四年秋~〇七年初頭
診断を求める終わりなき旅―二〇〇七年五~九月
天井のクモ―二〇〇七年九~一〇月
一歩を踏みだすなら大きく速く―二〇〇七年一一月~〇八年一月
患者X―二〇〇八年二~八月
隠し事はもうおしまい―二〇〇八年
生きのこり―二〇〇九年二~三月
ドラゴン―二〇〇九年二~六月
ゲノムのジョーク―二〇〇九年六月
自分たちがここにいる理由―二〇〇九年七~八月
未知の領域―二〇〇九年七月
聞いてもらいたいことがある―二〇〇九年八月
細く白い糸―二〇〇九年八~九月
数千の容疑者―二〇〇九年秋
犯人―二〇〇九年一一~一二月
確信と疑念―二〇一〇年一月
クリームドコーンの匂い―二〇一〇年六月
遺伝子に刻まれていたもの―二〇一〇~一四年
さあ、ついてこい―二〇一〇~一五年

著者等紹介

ジョンソン,マーク[ジョンソン,マーク] [Johnson,Mark]
アメリカのジャーナリスト。2000年から『ミルウォーキー・ジャーナル・センティネル』紙で健康・科学関連の記事を担当。ニック・ヴォルカーに関する一連の記事で、2011年に「ピューリッツァー賞・解説報道部門」を受賞した同紙チーム五人のうちのひとり。過去、同賞最終選考に残ったことが三度あり、ほかにも数々の賞を受賞している。「ブラディ・スタンプス」というパンクバンドのギタリストでもある

ギャラガー,キャスリーン[ギャラガー,キャスリーン] [Gallagher,Kathleen]
アメリカのジャーナリスト。1993年から『ミルウォーキー・ジャーナル・センティネル』紙でビジネス関連の記事を担当。2011年にマーク・ジョンソンとともにピューリッツァー賞を受賞。また、2006年にインランド・プレス・アソシエーション賞を受賞したときのチームメンバーでもあり、ほかにも受賞は数多い。現在はミルウォーキー・インスティチュートで事務局長をつとめている

梶山あゆみ[カジヤマアユミ]
翻訳家。訳書多数

井元清哉[イモトセイヤ]
東京大学医科学研究所ヘルスインテリジェンスセンター教授。九州大学大学院数理学研究科数理学専攻博士課程修了。統計科学、ゲノム情報学、システム生物学を専門として、ゲノムデータに基づく生体内分子ネットワークの統計科学的推測と個別化医療への応用に関する研究を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

診断名のつかない難病を抱えた少年との出会いから世界初のパーソナルゲノム医療が実現するまで。ピューリッツァー賞受賞記事を書籍化2007年5月、ウィスコンシン小児病院に2歳の男の子がやって来た。
食事をするたびに腸に小さな穴が開き、その穴が皮膚表面まで通じてそこから便が漏れるという奇病を患っている。 「10億人にひとり」レベルの稀な症例を前に、医師たちは様々な検査をするが原因がまったくわからず、 過去の文献にも例がない。このままでは10歳までもたないと思われた。

2009年、ついに医師たちは最後の手段として臨床の場では世界に例のないゲノム解析により、
原因遺伝子を突きとめて治療の手がかりをつかもうという大胆な試みに踏みきる。
その結果は? そしてこの医療が突きつけた倫理問題とは?

診断名のつかない難病を抱えた少年との出会いから、世界初のパーソナルゲノム医療が
実現するまでを息詰まる筆致で綴った医療ドキュメンタリー。
2011年「ピューリッツァー賞・解説報道部門」受賞記事の書籍化!

【目次】
1 越えられない一線――2009年6月 
2 四文字の向こうにあるもの――1993年4月 
3 大きな決断――1993‐96年 
4 ハーメルンの笛吹き――1996‐2004年 
5 尋常ならざる患者――2004年秋‐07年初頭 
6 診断を求める終わりなき旅――2007年5‐9月 
7 天井のクモ――2007年9‐10月 
8 一歩を踏みだすなら大きく速く――2007年11月‐08年1月 
9 患者X――2008年2‐8月 
10 隠し事はもうおしまい――2008年 
11 生きのこり――2009年2‐3月
12 ドラゴン――2009年2‐6月 
13 ゲノムのジョーク――2009年6月 
14 自分たちがここにいる理由――2009年7‐8月
15 未知の領域――2009年7月 
16 聞いてもらいたいことがある――2009年8月 
17 細く白い糸――2009年8‐9月 
18 数千の容疑者――2009年秋 
19 犯人――2009年11‐12月 
20 確信と疑念――2010年1月 
21 クリームドコーンの匂い――2010年6月 
22 遺伝子に刻まれていたもの――2010‐14年 
23 さあ、ついてこい――2010‐15年 

謝辞 
解説

マーク・ジョンソン[ジョンソン マーク]
著・文・その他

キャスリーン・ギャラガー[ギャラガー キャスリーン]
著・文・その他

梶山 あゆみ[カジヤマ アユミ]
翻訳

井元 清哉[イモト セイヤ]
解説