誰も知らないわたしたちのこと

個数:
  • ポイントキャンペーン

誰も知らないわたしたちのこと

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月04日 05時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 277p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784314011129
  • NDC分類 973
  • Cコード C0097

出版社内容情報

出生前診断で胎児に重大な疾患が発見された女性が、苦悩の末現実を受け入れるまでを描いて大きな反響を呼んだイタリアのベストセラー

★シモーナ・スパラコさん来日記念講演会のご案内★
「生まれてこなかったあなたへ」(2014年4月4日(金)19時~ 入場無料・要予約)
詳細はこちらをご覧ください。
http://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20140307125006.html

いのちは選別できるか――5年間の不妊の末に授かった息子には、出生前診断によって重大な疾患が発見された。選べるはずのないことを選ばされ、孤立感と絶望のあいだを揺れ動く35歳のフリーランス・ジャーナリスト、ルーチェの魂の彷徨を、著者みずからの体験をもとに描いて大きな反響を呼んだイタリアのベストセラー。ローマ賞受賞。イタリア最高の文学賞・ストレーガ賞最終候補作。

【著者紹介】
シモーナ・スパラコ : ローマ生まれの作家・脚本家。イギリスの大学でコミュニケーション学を修めたあと、文学への情熱に駆られてイタリアへ戻り、文学部の映画部門に入学。その後トリノのホールデンスクールのマスターコースなど、いくつかの創作コースに通った。本書は、2013年ローマ賞を受賞し、イタリア最高の文学賞であるストレーガ賞の最終候補になった。著書に、”Lovebook”(Newton Compton, 2010)などがある。

内容説明

不妊の末に授かった息子には、出生前診断によって重大な疾患が発見された―選べるはずのないことを選ばされ、孤立感と絶望のあいだを揺れ動く35歳のフリーランス・ジャーナリスト、ルーチェの魂の彷徨を、著者みずからの体験をもとに描いて大きな反響を呼んだイタリアのベストセラー。ローマ賞受賞。イタリア最高の文学賞・ストレーガ賞最終候補作。

著者等紹介

スパラコ,シモーナ[スパラコ,シモーナ] [Sparaco,Simona]
ローマ生まれの作家・脚本家。イギリスの大学でコミュニケーション学を修めたあと、イタリアへ戻り、文学部の映画部門に入学。その後トリノのホールデンスクールのマスターコースなど、いくつかの創作コースに通った。『誰も知らないわたしたちのこと』は、2013年ローマ賞を受賞し、イタリア最高の文学賞であるストレーガ賞の最終候補になった

泉典子[イズミノリコ]
イタリア語翻訳家。東京外国語大学大学院修士課程修了

室月淳[ムロツキジュン]
宮城県立こども病院産科部長・東北大学大学院医学系研究科胎児医学分野教授。日本産科婦人科学会代議員、日本周産期・新生児医学会評議員、日本胎児治療学会幹事などを務める。胎児骨系統疾患フォーラムを主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

星落秋風五丈原

14
自身の体験が元になったフィクション。日本でも話題になっている出生前診断。母親にだけ残酷な役目を背負わせるものであってはいけない。2014/01/22

いずむ

14
ボクは、幸せなコトに、生きている。27年と少し。年々、生きるというコトの意味を深めてきたけれど、そもそもの始まり、”産まれる”というコトについて、深く考えたコトはなかった。愛しあい、イノチを授かる。その最大の希望を、幸福の結晶を、最大の絶望として自ら”捨てる”という決断。イノチを繋ぐという自然なコトなのに、こんなに不自然で理不尽な苦しみが存在する。頭痛がする、吐き気がする、それほどに恐ろしいと思った。不謹慎かもしれない。けれどボクは、もう一度、女性として、”共感”できる立場で、この小説に触れたいと思った。2013/11/30

内緒です

10
図書館本。とてもいい本でした。未婚で出産経験もないけれど、将来、いつかは子供が欲しいと漠然と思っていた、結婚適齢期の私に現実を教えてくれた本。男女の、完全には理解ができない心の距離もうまいこと描かれていて、この本を今読めてとても良かった。2016/03/19

beniko

9
長年待ち望んで、やっと授かった我が子を、どんな理由があるにしろ諦めなくてはならないというのは他人には理解しがたい悲しみであり、苦痛に違いない。以前、「誕生死」という本を読んだが、出産には至らなかった命でも、体内に宿す母にとっては紛れもなく我が子で、その我が子を失った痛みを誰かと共有することは、それが子どもの父であっても最初は難しいのだろうと、主人公のルーチェの姿から感じた。ルーチェを支え、辛抱強く待ったピエトロが、出産にいたらなかった我が子をちゃんと「息子」として愛情を持っていた姿に救われた。重いテーマ。2017/07/23

kino06

9
出生前検査を扱った番組の中でこの本のことを知って読んでみた。本当に難しい問題だと思う。先日見た映画「くちづけ」(2013年・日本)でも、知的障がいを持った子供を一人遺して逝く親の苦悩が描かれていたけれど、どっちを選択しても、結局は親のエゴなのかな・・・。そういうこともふまえて、子供を持つということの覚悟のために、これから子供をつくろうと思っている人、妊娠している人にも読んで欲しいけど、あまりにショッキングな描写があるので読まない方がいいかな、とも思う。それはまぎれもない現実なのだけれど。2014/07/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7637972

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。