• ポイントキャンペーン

誤差論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 184p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784314010825
  • NDC分類 417.8
  • Cコード C0041

内容説明

ガウスは自然現象からいかに豊かな数学的法則を導きえたのか。確率論、天文学、測地学などの分野で先導的役割を果たしてきた、ガウス誤差論を初集成。

目次

1 誤差を最小にする観測の組合せ理論
2 誤差を最小にする観測の組合せ理論・補遺
3 円錐曲線で太陽のまわりを回る天体の運動理論
4 Pallasの軌道要素についての研究
5 観測の精密さの決定
6 確率計算の実用的幾何の問題への応用
7 クロノメーターによる経度の決定
8 Ramsden式天頂儀による観測からG¨ottingenとAltonaの天文台の間の緯度差を決定すること

著者等紹介

ガウス,カール・F.[ガウス,カールF.][Gauss,Carl Friedrich]
1777年ドイツ・ブラウンシュヴァイク市生まれ。1799年ヘルムシュテット大学の学位を受ける。1807年からゲッチンゲン天文台長。数学者、天文学者、物理学者。1855年逝去

飛田武幸[ヒダタケユキ]
1927年愛知県生まれ。1952年名古屋大学理学部数学科卒業。名古屋大学名誉教授

石川耕春[イシカワタカハル]
1932年愛知県生まれ。1954年愛知学芸大学数学科卒業。元愛知県立岡崎高等学校講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。