• ポイントキャンペーン

中世の覚醒―アリストテレス再発見から知の革命へ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 502p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784314010399
  • NDC分類 131.4
  • Cコード C0022

内容説明

12世紀、イスラーム世界で受け継がれてきたアリストテレスの著作がキリスト教徒に再発見される―合理的な思考様式を備え従来の世界観を覆すその思想は、キリスト教世界に大きな衝撃を与え、信仰と理性、正統と異端をめぐって、教会と大学を論争の嵐に巻き込んでゆく。神は理性で説明できるのか?宗教と科学の調和はどこまで可能なのか?「アリストテレス革命」とも呼ぶべき、中世ヨーロッパの知の覚醒を鮮やかに描く西欧精神史。

目次

序章 中世のスター・ゲート―西ヨーロッパの覚醒
第1章 「知恵者たちの師」―アリストテレスの再発見
第2章 「レディ・フィロソフィー」の殺人―古代の知恵はいかにして失われ、ふたたび見出されたか
第3章 「彼の本には翼が生えている」―ピエール・アベラールと理性の復権
第4章 「そなたを打ち殺す者は祝福されるだろう」―アリストテレスと異端
第5章 「ほら、ほら、犬が吠えている」―アリストテレスとパリ大学の教師たち
第6章 「この人物が知解する」―パリ大学における大論争
第7章 「オッカムの剃刀」―信仰と理性の分離
第8章 「もはや神が天球を動かす必要はない」―アリストテレスと現代の世界

著者紹介

ルーベンスタイン,リチャード・E.[ルーベンスタイン,リチャードE.][Rubenstein,Richard E.]
1938年生まれ。米国ジョージ・メイソン大学教授。国際紛争解決が専門。When Jesus Became God(未邦訳)は「パブリッシャーズ・ウィークリー」誌の最優秀宗教書に選ばれた

小沢千重子[オザワチエコ]
1951年、東京生まれ。東京大学農学部水産学科卒。水産庁勤務などを経て、現在、ノンフィクション分野の翻訳に従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

中世は暗黒時代ではない!
信仰と理性をめぐる論争の精神史。
 12世紀のスペイン、ヨーロッパでは闇に埋もれていった一方で、イスラーム世界で受け継がれていたアリストテレスの著作がキリスト教徒に再発見されます。従来の宗教的世界観を覆しかねないその思想はたちまち論争の嵐を巻き起こしますが、それは見方を変えれば、信仰と理性、宗教と科学のあいだに、緊張をはらみながらも創造的な対話が実現していた幸福な一時期でもあったのです。
 国際紛争の解決を専門とする著者は、数多の文献を渉猟しながら、折に触れて近・現代史のエピソードとも類比させつつ、中世ヨーロッパの知的革命をダイナミックに描き出し、その覚醒の歴史から、原理主義的な不寛容が横行する現代社会の課題をもあぶり出してゆきます。
 「偉大な学者たちの足跡を訪ね、彼らの激しい論争を再現することは、思いもかけないほど感動的で、心を奪われる経験だった」。著者自身もそう語る、スリリングな歴史のひとコマを追体験できる一冊です。

【詳細目次】
はじめに
序 章 中世のスター・ゲート――西ヨーロッパの覚醒
第1章 「知恵者たちの師」――アリストテレスの再発見
 1 驚くべき事実――ムスリムの知的財宝
 2 プラトンとアリストテレス
 3 「哲学者」アリストテレス
 4 アリストテレス思想の核心
第2章 「レディ・フィロソフィー」の殺人――古代の知恵はいかにして失われ、ふたたび見出されたか
 1 アウグスティヌスとその時代
 2 滅びゆく帝国
 3 異端者たちの行方
 4 唯一神教とアリストテレス 
第3章 「彼の本には翼が生えている」――ピエール・アベラールと理性の復権
 1 天才登場
 2 革命的変化の胎動
 3 普遍論争と三位一体説
 4 アベラールの死
第4章 「そなたを打ち殺す者は祝福されるだろう」――アリストテレスと異端
 1 民衆の宗教運動の高まり
 2 カタリ派の登場
 3 カタリ派の中のアリストテレス
 4 アリストテレス自然学への禁令
第5章 「ほら、ほら、犬が吠えている」――アリストテレスとパリ大学の教師たち
 1 托鉢修道士、大学へ
 2 「科学的な」神学へ 
 3 魅惑の自然哲学
 4 トマス・アクィナスとパリ大学
第6章 「この人物が知解する」――パリ大学における大論争
 1 急進派と保守派
 2 アリストテレス主義者としてのトマス・アクィナス
 3 断罪と復権
第7章 「オッカムの剃刀」――信仰と理性の分離
 1 終わりゆく中世
 2 「新しい道」へ
 3 オッカムの破門
 4 かくして寛容の門は閉ざされた
第8章 「もはや神が天球を動かす必要はない」――アリストテレスと現代の世界
 1 信仰と理性の緊張関係
 2 アリストテレス革命の忘却
 3 アリストテレスの遺産

◆関連本

◆ヨーロッパ中世史

◆アリストテレス

◆中世スコラ哲学

◆世界史・文化史(中世

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件