占星術 - その科学史上の位置 (復刊版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

占星術 - その科学史上の位置 (復刊版)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月21日 18時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 195p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784314009850
  • NDC分類 148.8
  • Cコード C0044

出版社内容情報

バビロニアに興り、古代から近世まで文明を支配し、天文・物理・気象等の科学の母体となった占星術の発生と衰退を科学史的に評価。

*******************
◆本書について
占星術は、古くバビロニアや中国では国家や王の運命を予言したり、
彼らの権威を保つものとして暴君的支配力をふるった。
その後、偉力は衰えたものの、個人の運命を占うものとして、
多くの「信者」を集めている。
科学時代といわれる今日でも状況は変わらない。
科学的にはナンセンスとみなされている占星術が、
何故こうも人々を惹きつけるのか。
本書は、この歴史的かつ今日的現象を非科学的といって切りすてることなく、
むしろこの現象を手がかりに人間の深層にせまり、
そこから科学的思考の起源、発展、その性格等を浮び上らせようとする。
西洋の占星術の流ればかりでなく、
中国や日本の占星術を同格に扱い、
また中世・近世への展開をも充分考慮して、
占星術の全体像を捉えた、格好の科学思想史入門である。


*******************


第一章 天下国家の占星術
    1 天変占星術の発生
    2 天変占星術の特徴
    3 天変占星術の展開
    4 経験主義的発展
    5 ドグマ的発展
    6 プトレマイオスの「テトラビブロス」
    7 占星年代学

第二章 個人のための占星術
    1 バビロニア起源の宿命占星術
    2 ギリシア文化に入った宿命占星術
    3 ローマ社会における占星術
    4 中世アジアの占星術
    5 中世後期・ルネサンスにおける復興
    6 占星表の作り方
    7 占星術批判の四つの型
    8 太陽中心説の占星術
    9 中国の宿命占星術

第三章 日本の占星術
    1 王朝期の占星術
    2 宮廷占星術の衰退堕落
    3 江戸時代

第四章 科学と占星術
    1 天文学との関係
    2 気象学との関係
    3 医学との関係
    4 自然観との関係

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

moti

2
クーデールの本と被る部分も多いのでざっくりと。第一章第二章の国家のための占星術、個人のための占星術、では若干筆が滑っていい加減に見える記述が多いものの、以降の章、特に日本と中国の占星術史、天文学史と思想の東西の違いは興味深い。西洋の宿命占星術と東洋で発展した暦や易はそのドグマにおいて異なり、宿命占星術の予言的な教義が錬金術やニュートンの機械的世界観と接続されるという解釈がすっきりしている。この本では自然占星術に対し、一定の譲歩を行なっているが、ここではやはり正しさをどのように担保しているかという視点を欠く2012/11/21

テッテレこだち

0
占星術の研究書。どちらかというとマイナスの視点だけれどよみやすい。最後の参考文献が気になる。2011/12/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1178551
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。