現代教育法概説

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 211p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784313611283
  • NDC分類 373.2
  • Cコード C1037

内容説明

本書は、最近の変化する学校教育とそれを担う教職員およびそれらのための行財政を中心とした教育法を理解する手がかりを提供するものである。

目次

1章 現代教育法の意義(いま、日本の教育法は;憲法・教育基本法制の意義と展開;教育法の基本原理)
2章 学校のしくみと法(学校の種類と目的・目標;学校の設置管理;学校の組織編成;教育課程と教科書;就学)
3章 教職員・学校運営と法(教職員の職務と地位;教員の養成・免許・採用;学校経営の組織と学校関係者)
4章 教育行財政と法(教育行政の法制と課題;地方教育行政の法制と課題;教育財政の法制と課題)

著者紹介

平原春好[ヒラハラハルヨシ]
1933年新潟県に生まれる。東京大学大学院修了。現在:帝京大学教授

室井修[ムロイオサム]
1934年兵庫県に生まれる。京都大学大学院修了。現在:近畿大学教授

土屋基規[ツチヤモトノリ]
1942年静岡県に生まれる。東京大学大学院修了。現在:神戸大学教授