終わりの日―黙示録の預言

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 516p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309909554
  • NDC分類 933
  • Cコード C0097

内容説明

トルコで発掘作業にあたっていた女性考古学者が、イオニア海に浮かぶ美しい島、ケルキラ島で行方不明になった。愛する妻を殺されたベン・ホープは、神学の道に救いを求めて、復学の準備をしていたが、娘を捜して欲しいという老教授の願いに、否応なく事件へと巻きこまれていく。しかし、すぐにも解決すると思えたその事件は、そんな簡単な事件ではなかった。容赦のない銃撃と爆薬の洗礼。それは力と力が激突する戦争への序曲だった。モンタナの激しい戦闘から、陰謀渦巻くエルサレムへと、舞台は劇的に展開する。導火線に火がつけば、一瞬にして世界は火の海にたたき込まれてしまう。そうなってしまえば、もうおしまいだ。幾度となく訪れたあの声が、ベンの心の中でこだまする―神は何処に!あなたは何処に。

著者等紹介

マリアーニ,スコット[マリアーニ,スコット][Mariani,Scott]
1968年、スコットランドに生まれる。オックスフォード大学で現代言語学を専攻。作家になるまでは、翻訳者、プロのミュージシャン、射撃のインストラクター、フリーランスのジャーナリストとして働いていた。イタリアとフランスで数年暮らした後、西ウェールズの荒野に、広大な森と秘密の通路のある1830年代のカントリー・ハウスを見つける。現在、そこで執筆活動をおこなっている

高野由美[タカノユミ]
翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

RIN

23
危機管理コンサルタント・ベンホープシリーズ第3弾。危機管理~とはいえ、要はたった一人の私設誘拐被害者救出特殊班なんですよねぇ(笑)。毎作、キリスト教の教義と絡めた陰謀や謎がテーマなのだが、それはどちらかと言えば薄め。本作も予言の書の解釈や悪用?が底流にあるとはいえ、アクション重視かな。イギリス版ジェームズロリンズといったところ。ハリウッド映画を読むようなものだが、ココではあまり人気ないですね^^;。宗教絡みといっても小難しい話もないし手軽に楽しめるエンタテイメント。2016/07/21

Richard Thornburg

8
感想:★★★★  シリーズ第3弾。  前作は地味な印象でしたが、本作はテンポのいい小気味いいアクションを展開してくれます。  タイトルの通り、読んでそのままヨハネ黙示録を預言書として解釈したものをモチーフにした悪事 vs 主人公の対決です。  個人的にヨハネ黙示録と聞けばオーメンのイメージがあったのですが(笑)これはこれで結構好きな世界観です。  主人公がドンパチの生活から神学の生活へ変えようとしているタイミングと起こった事件のタイミングがうまく噛み合っているところが面白かったのではないかと思います。2015/07/26

ハッチ

4
★★★★★相変わらず謎解きの要素は少ないが、ハードボイルドと読めばかなり面白い。ラングントンシリーズみたいにもっと謎解きがあれば文句なく、めちゃくちゃ面白い。2014/09/29

matsu0310

2
☆☆☆映画の脚本か?と思うくらい、つかみは非常に巧いんだが…2013/08/17

まきちる

2
ん~、言うなれば、ハリウッドのアクション映画を文字で観たような…。2013/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5225802

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。