ふくろうの本<br> 図説 ハプスブルク帝国 (新装版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

ふくろうの本
図説 ハプスブルク帝国 (新装版)

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 132p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309762722
  • NDC分類 234.6
  • Cコード C0322

出版社内容情報

スイスの一城主だったこの家が、なぜ世界帝国を築けたのか。ヨーロッパ史の核ともいえるハプスブルク家を知る基本図書の決定版。

加藤 雅彦[カトウ マサヒコ]
著・文・その他

内容説明

スイスの一城主が、なぜ神聖ローマ皇帝を独占し、世界帝国を築くに至ったのか。ハプスブルク家の基本文献、待望の新装版。

目次

ライン上流「鷹の城」から
日没なき世界帝国へ
オスマン・トルコ来たる
花開くバロック
マリア・テレジアの時代
会議は踊る
プロイセンに敗れる
多民族ドナウ帝国
夢の都ウィーン
世紀末精神の輝き
サライェヴォの銃声
中欧(ミッテルオイローパ)の復活

著者等紹介

加藤雅彦[カトウマサヒコ]
1927‐2015年。名古屋市生まれ。欧州問題研究家。東京大学法学部政治学科卒業後、NHK入局。ベルリン自由大学留学。NHKベオグラード、ボン支局長、解説委員。主著に『ドナウ河紀行』(岩波書店、日本エッセイスト・クラブ賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

春ドーナツ

20
1683年。オスマントルコによる第二次ウィーン包囲に纏わる「伝説」をご紹介します。トルコ軍撤退後、辺りには緑色の豆が大量に散らばっていたと言う。市民は「駱駝の餌」だと思っていたが、あにはからんや、コルンツキー氏(またの名を単独潜入調査官)はそれがコーヒー豆であることを知っていたのだ!豆の山に両手を突っ込んだ途端「ビジネスチャンス」の喇叭が高らかに鳴る。これぞ「Ein Café」の誕生秘話なり。***後世の研究によると、1685年にアルメニア商人の何某が王様から特許を得て開店したのが一号店らしいです。ふむ。2018/11/08

金吾

18
ハプスブルク家の歴史がよくわかります。特に勃興のころのことを知らなかったので参考になりました。19世紀末からの一族の悲劇の連鎖は、個々の事象として今までとらえていたためはっきり認識できていないことを認識でき良かったです。2021/05/06

びっぐすとん

15
図書館本。今まで読んだハプスブルク帝国に関する本と比べると入門ガイドブックといった感じ。ただカラーなので、新書では白黒だった絵画などがカラーで見られるのはいい。「東欧」というと当該地域の人はイヤな顔をするから「中欧」という方が良いと以前聞いたことがあったが、その理由が書いてあり納得がいった。規模も期間も途方もない大帝国も始まりは小さな領土に過ぎず、やはり永遠の繁栄は有り得ないんだなあ。でもハプスブルクがヨーロッパに残したものはこれからもずっと受け継がれていくんだろうな。はぁー、またオーストリア行きたいな。2019/09/26

futabakouji2

9
19世紀に落ち目になってもう終わった印象のあったハプスブルク家であったが、意外と経済的、文化的に成長していた。しかし、19世紀はナショナリズムの時代。多民族を多く抱える帝国は国内に多くの矛盾を抱えていた。バルカン諸民族、チェコスロバキアの独立をどこまで許すのか。なんか今に通じる問題ですな。2020/07/25

クサバナリスト

4
『ハプスブルグ展』を鑑賞するための予習として読了。2019/07/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12817213

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。