ふくろうの本<br> 図説 英国貴族の城館―カントリー・ハウスのすべて

個数:
  • ポイントキャンペーン

ふくろうの本
図説 英国貴族の城館―カントリー・ハウスのすべて

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年12月14日 00時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 113p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309762548
  • NDC分類 523.33
  • Cコード C0322

内容説明

「ダウントン・アビー」撮影の舞台、ダイアナ妃、チャーチル、シェイクスピアゆかりの華麗なる邸宅の内部から、花咲き乱れるガーデンまで!絢爛豪華な貴族の館一挙公開!

目次

第1章 華麗なる貴族の館(館内探訪;魅惑のイングリッシュ・ガーデン)
第2章 スコットランドの城館(ブレアファン城を訪ねて;コーダー城・グラームズ城・ブレア城)
第3章 英国貴族とカントリー・ハウス(カントリー・ハウスとは?;英国の貴族文化)
訪ねてみたいカントリー・ハウス

著者紹介

田中亮三[タナカリョウゾウ]
1934年生まれ。慶應義塾大学大学院文学部英文学専攻修了。ケンブリッジ大学に留学、英文学・言語学を専攻。慶應義塾大学名誉教授。1968年の渡欧以来、英国の建築、とくにカントリー・ハウスに魅せられ、訪れた館は三〇〇を超えている。1987年と1996年には、ケンブリッジ大学建築・美術史学部の研究員として、英国建築史の第一人者デイヴィッド・ワトキン教授に師事し、カントリー・ハウスの歴史を研究。2010年7月死去

増田彰久[マスダアキヒサ]
1939年生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。日本写真家協会・日本旅行作家協会会員。1983年に第三三回日本写真協会年度賞、1985年に第九回伊奈信男賞、2006年に日本建築学会文化賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

英国の貴族が所領に建てた壮麗な館、カントリー・ハウス。インテリアからライフスタイルまで、英国史を彩る城館満載。

田中 亮三[タナカ リョウゾウ]
1934年生まれ。慶應大学大学院文学部英文学専攻修了。ケンブリッジ大学に留学、英文学、言語学を専攻。慶應大学名誉教授。1968年の渡欧以来、英国の建築、とくにカントリー・ハウスに魅せられ、1988年再び渡英。ケンブリッジ大学建築・美術史部の研究員として、英国建築史の第一人者デイヴィッド・ワトキン博士に師事、カントリー・ハウスを研究。『英国貴族の館』(講談社)など。2010年7月死去。

増田 彰久[マスダ アキヒサ]
1939年生まれ。日本大学芸術学部写真学科卒業。現在、日本写真家協会、日本写真協会、日本旅行作家協会会員。1983年、第33回日本写真協会年度賞、1985年に第9回伊奈信男賞、2006年に日本建築学会文化賞を受賞。30年にわたり建築写真に取り組み。その成果は『日本の建築』(明治・大正・昭和)(全10巻)(三省堂)、『建築探偵東奔西走』(朝日新聞社)、『日本の洋館』(全6巻)(講談社)、『写真な建築』(白揚社)などにまとめられている。