ふくろうの本
図説 不思議の国のアリス

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 127p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309760933
  • NDC分類 933
  • Cコード C0398

内容説明

魅惑のワンダーランドの完全ガイドブック。写真術の発明に地下の国のドードーや恐竜の発見、ヴィクトリア朝の魅力的な文化がワンダーランドを支えていた!おかしな住人の出自を探り、奇妙な論理を読み解く本格的アリス読本。

目次

序章 不思議の国への招待(『不思議の国のアリス』の成立;地下の国こそ不思議の国 ほか)
第1章 アリスの「不思議の国」へ―『不思議の国のアリス』を読む(ウサギ紳士に誘い込まれたアリス、深い穴を落下;いきなり小さくなったアリス ほか)
第2章 アリスの「鏡の国」へ―『鏡の国のアリス』を読む(アリス、鏡の国でチェスの駒を驚かせる;鏡を通して見ればちゃんと読める文字 ほか)
第3章 アリスとキャロルと写真術(キャロルにとっての写真術;キャロルの時代の写真術 ほか)

著者等紹介

桑原茂夫[クワバラシゲオ]
1943年東京生まれ。編集スタジオ「カマル社」代表。日本におけるルイス・キャロル研究の先鞭をつけた『別冊現代詩手帖 ルイス・キャロル』の編集長であり、日本におけるアリス・ブームの仕掛け人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。