らんぷの本 mascot<br> セーラー服と女学生―100年ずっと愛された、その秘密

個数:

らんぷの本 mascot
セーラー服と女学生―100年ずっと愛された、その秘密

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年04月23日 21時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 160p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309750309
  • NDC分類 589.21
  • Cコード C0339

出版社内容情報

セーラー服はなぜ、日本で女学生服として定着し100年もの間、愛されているのか? トップランナーがその秘密と魅力に迫る!!

内田 静枝[ウチダ シズエ]
著・文・その他

内容説明

セーラー服=女学生。しかし、これは日本人独特のイメージであるようです。セーラー服とは19世紀中頃のイギリス海軍の水兵服に始まり、その後、子ども服、女性服としても流行したファッションの一つのスタイルです。本来は着る人の年齢わ問わないユニセックスなファッションであるセーラー服が、なぜ、日本においては女学生服として定着し、100年もの間、愛されているのでしょうか?本書ではセーラー服を愛し、描き、研究するトップランナーの皆さまにご教示いただき、その秘密と魅力に迫ります。

目次

1 少女雑誌にみる実録!昭和初期の女学生
2 セーラー女学生抒情画セレクション
3 女学生おしゃれレッスン
4 セーラー服の“達人”にきく
5 制服観察40年!森さんにきく
6 セーラー服によせて

著者等紹介

内田静枝[ウチダシズエ]
1969年、埼玉県生まれ。玉川大学大学院文学研究科修士課程修了。弥生美術館学芸員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。