日本文学全集 〈14〉 南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一 南方熊楠

個数:
電子版価格
¥2,970
  • 電書あり

日本文学全集 〈14〉 南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一 南方熊楠

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 17時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 539p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784309728841
  • NDC分類 918
  • Cコード C0393

出版社内容情報

柳田「海上の道」、折口「死者の書」、宮本「生活の記録」他、卓越した想像力で日本像を再構築した巨人達の文業から、29篇を精選。

【著者紹介】
1867年和歌山市生まれ。博物学、仏教学、自然科学等をもとに独自の方法論を確立した、博覧強記の民俗学者・粘菌学者。おもな著書に、『十二支考』『南方閑話』『南方随筆』『燕石考』など。1941年没。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

KAZOO

67
日本の民俗学の大家4人の作品が収められています。これだけの人のを1冊に収めるるなんていいですね。中央公論社の日本の文学にもありますが、たぶん宮本さんが這いいていなかったのでは(?)。まあ昔、柳田、折口、宮本などここにはいっているのは結構読んでいるのですが、1冊に入っているので再度読みました。文学作品的には折口の作品が一番ですが、柳田、宮本の作品も読み応えがあります。2015/05/20

ねこさん

30
宮本は、宮崎駿が「読んでいないんですか」と人を嘲弄したと言われる『忘れられた日本人』と一部重複。しかし何度でも、何時迄も読んで居られる。朝まで聞いていた翁嫗の話というその空気を、秋の夜に想いながら。熊楠の『神社合祀に関する意見』は、しばらく文体が乗り移る熱量。比して柳田は読みづらく、折口の「死者の書」に至っては目で追うのがやっと。後書きから読むべきか。幼少期に見た風景、例えば叔父叔母の家の玄関に置かれた天草であったり、人が風化させてきた形にならない生活の風景と音を追想させる。腹落ちするのに、時間を要する。2022/10/18

ぐうぐう

26
民俗学の巨人達を収めた日本文学全集14巻。南方熊楠の関連本には必ずといっていいほど紹介されている神社合祀反対のエピソードだが、「神社合祀に関する意見」の全文を読んだのは、これが初めて。理路整然とはしているものの、文面からは熊楠の熱さが迸っている。そんな熊楠の神社合祀反対運動を、学問の時間が少なくなると窘めたとされる柳田國男だが、詩人としての顔を持つ柳田よりも、折口信夫のほうが、文学的な香りが濃厚だ。それほどに「死者の書」は圧巻の貫禄を放っている。(つづく)2015/04/26

starbro

24
池澤夏樹=個人編集 日本文学全集全30巻完読チャレンジ第四弾です。宮本常一は初読です。民俗学や文化人類学は興味のあるジャンルなので、ボリュームの割には楽しく読めました。柳田國男は本来は遠野物語ではと思いつつ、宮本常一の生活の記録の連作が一番良かった気がします。2015/05/03

ぐっちー

18
長年、手強そうだから読まずにいた巨人たちが一冊にまとまって、四苦八苦しながらどうにか読了。宮本常一の生活に即した記録、特に姉家督の話なんかは、『絡新婦の理』を読んだ後だったから凄く興味深かった。また時間を置いて、ちょっとずつ読み返したい。2015/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8324541
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。