九龍コミックス<br> バージン (新装版)

電子版価格 ¥550
  • 電書あり

九龍コミックス
バージン (新装版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309728261
  • Cコード C0379

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぐうぐう

19
岡崎京子第一作品集。過去を振り返る行為は、読書においても、ときに残酷さを伴う。この、初期中の初期作品は、のちの岡崎京子の作品と比べると、のどかさというか、無邪気さというか、そんな雰囲気に満ちている。新装版のあとがきで彼女が述べているように「若気の至りと乱暴さに頬がポーと赤らむ」、そういう気恥ずかしさが正直あるのだ。しかし、と同時に、この初期作品の中でも、登場人物達は世界に対して敏感だ。敏感ゆえに、これから訪れるだろう「何か」に気付いてもいる。のちの岡崎の作品の登場人物達のように。(つづく)2016/04/10

龍國竣/リュウゴク

1
作者の第一作品集。詩的で流れる側面を強く感じる、絵がとてもセンスの良い短編集。回収しきれない物語が、逆に流れていくような漂うような感触を与えてくれる。ほんわかした女の子が、無邪気にはしゃいでいる様子を眺めているような読み心地。原点はかわいらしい。 2012/09/12

うつぼ

0
大島弓子にすごく近い気がする。他のお話を読んでても、岡崎京子と24年組のつながりをそこまで意識しなかったのだけど、初期作品は、あれ、このテンポ、大島弓子じゃない?って感じるシーンがいくつかあった。2017/11/03

奈良県

0
描きたいものを詰め込んだ、みずみずしい短編集。この本に出てくる女子高生たちは恋愛に憧れているかと思えば、食べ物と引き換えにセックスしていて、愛しいなぁと思った。2016/03/19

an

0
センスがすごい。絵が古くて抵抗がある、という人はこの本から読んでみたらいいと思う。おじさんの描き方とか、ほんとに今読んでもセンスがいいとしかいえない。2015/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/394731

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。