らんぷの本
消えたモダン東京

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784309727158
  • NDC分類 527
  • Cコード C0339

内容説明

モボ・モガが銀ブラを楽しんだ大正末期から昭和初期―まったく新しいライフスタイル、モダンな住宅が誕生した。赤瓦の屋根・白い壁、ナオミとジョージがあこがれ、暮らした「文化住宅」である。

目次

第1章 都市と郊外とモボとモガ(銀座の街並み;勧工場の出現と“銀ブラ”;都市交通網の発達;郊外の発見と郊外文化;都市文化と銀座;モボ・モガの出現)
第2章 大正・昭和住まいの風景(「文化住宅」の誕生;山の手から広がる「文化住宅」;都市型住宅の嚆矢同潤会アパート)

著者等紹介

内田青蔵[ウチダセイゾウ]
1953年、秋田県生まれ。1975年、神奈川大学工学部建築学科卒業。1983年、東京工業大学大学院理工学研究科建築学専攻博士課程満期退学。1994年、日本建築学会奨励賞(論文)受賞。工学博士。専門は、日本近代住宅史。現在、文化女子大学造形学部住環境学科教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。