ふくろうの本
図説 大聖堂物語―ゴシックの建築と美術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 119p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784309726427
  • NDC分類 523.045
  • Cコード C0070

内容説明

中世ヨーロッパが生み出した奇跡の空間・大聖堂=カテドラル設計・建設からステンドグラス・彫刻の解読まで完全案内。ノートル・ダム(パリ)、シャルトル、ミラノ、フィレンツェ、ケルン、ソールズベリー、サンチャゴ・デ・コンポステラなど多数収録。ゴシック芸術の決定版ガイド。

目次

序章 ゴシックの誕生
第1章 壮麗なる空間をめざして
第2章 大聖堂の建立
第3章 大聖堂の時代と新しい視覚文化
第4章 大聖堂探訪

著者紹介

佐藤達生[サトウタツキ]
1952年、新潟県生まれ。名古屋大学工学部建築学科卒業。同大学院工学研究科博士前期課程修了。1983年、名古屋市都市美観建築賞共同受賞。1986年、『ゴシック空間の形成過程に関する研究』で工学博士。同年、同研究にて日本建築学会東海賞受賞。1990年~、ハギア・ソフィア大聖堂(イスタンブール、トルコ)の学術調査隊に測量の責任者として参加。現在大同工業大学教授。専門は西洋建築史。主著に、『フレッチャー 世界建築の歴史』(共訳、西村書店)、『世界美術大全集9 ゴシック1』(共著、小学館)、“Geometrical Analysis of the Setting Lines and the Original Form of the Main Dome of Hagia Sophia Reconstructed in the 6th Century ”IASS-Symposium 2000など

木俣元一[キマタモトカズ]
1957年、静岡県生まれ。名古屋大学文学部・文学研究科にて西洋中世美術史を専攻。1983年、フランス政府給費留学生としてパリ第一大学博士課程へ留学、レオン・プレスイール教授に師事。1987年、同大学にシャルトル大聖堂の彫刻に関する博士論文を提出。現在、名古屋大学文学部・文学研究史科助教授。著書に、『芸術学フォーラム3』『西洋美術史ハンドブック』『西欧初期中世の美術』『美術史の軌跡と波紋:辻佐保子先生献呈論文集』『西洋美術館』(以上共著)など