世界の民族絵本集<br> 雨をまちながら

世界の民族絵本集
雨をまちながら

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(頁/高さ 25cm
  • 商品コード 9784309723877
  • NDC分類 E
  • Cコード C8798

内容説明

日照りがつづいて雨が降らず、ベルウは畑を耕すことができません。働きもののベルウは、働けないことがつらくてたまらないのです。でもふとしたことで知り合ったおばあさんに、日照りにも意味があるのだということを教えられます。自然に対する深い洞察力によってつむぎだされた物語です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ochatomo

13
インドの絵本 干ばつの利点を説く大きな視野 原題“Wating for the rain” 元本1990年 1994刊2019/11/22

おはなし会 芽ぶっく 

9
インドのおはなし。干ばつで雨を待つ耕す者。「自然はね、みんなのお母さんなんだよ。あんたも、あたしも、それから木も、土も、自然の子どもたちなの。子どもが疲れたら、お母さんならちゃんと休ませてやるものさ」という一節。自然の恵みに対する畏敬の念が薄れていったのでしょうね。2020/05/24

円舞曲

8
雨をまちながらのタイトルに惹かれて、お持ち帰り。図書館リサイクル本。2014/06/12

遠い日

5
耕す者ベルウの雨を待つ気持ち。自分の実りや収穫ばかりを気にかけて、その実りをもたらす大地への感謝を忘れていることを、静かなことばで指摘する老婆。自然との関係を再考させられることばに、インドという国の大きさ、深さを感じる。2015/07/29

あーさん★スマホ新しくしたけど操作に苦戦中(¯―¯٥)

4
ボンベイの話2017/07/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1058159

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。