河出新書<br> 人間らしさとは何か―生きる意味をさぐる人類学講義

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

河出新書
人間らしさとは何か―生きる意味をさぐる人類学講義

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年08月13日 05時31分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 320p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309631486
  • NDC分類 469
  • Cコード C0220

出版社内容情報

人間とは何か? 注目の人類進化学者が、ホモ・サピエンスの誕生史と人類多様性の意味を探りながら、最新の知見をわかりやすく語る。

内容説明

人間は、見かけこそ多様だが、中身はホモ・サピエンスというたった一つの種である。そして、ホモ・サピエンスほど、地球上のほぼすべての陸地に住み、支配している種は他にいない。そんな「異様な」我々は、いかにして「このような人間」になったのか?注目の人類進化学者が、「人間」が誕生するまでの道のりや、人間の特性の意味を探っていく科学的人間論の最先端を解説しながら、「なぜわかり合えないのか」ではなく、「なぜわかり合えるのか」から人間らしさをとらえなおし、人間として、どう生きていくべきか、追究する。

目次

第1章 人類が登場して地球はどう変わったか
第2章 ヒトとサルはどう違うのか
第3章 進化はどのように起こるか
第4章 地上を歩きはじめた最初の人類―700万~140万年前
第5章 原人と旧人が問いかける人類にとっての脳―250万~4万年前
第6章 わかってきたホモ・サピエンスの成り立ち
第7章 ホモ・サピエンスが多様であることの意味
第8章 改めて人間らしさを考える―私たちはなぜわかり合えるのか

著者等紹介

海部陽介[カイフヨウスケ]
1969年生まれ。東京大学総合研究博物館教授。人類進化学者。理学博士。約200万年におよぶアジアの人類史を研究。前職の国立科学博物館にてクラウドファンディングを成功させ「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」を実施。日本学術振興会賞、海洋立国推進功労者表彰などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yuki2018

7
ホモ・サピエンスの歴史は30万年程度。アフリカから世界各地に拡散したのは5万年くらい前。歴史が浅いため遺伝的多様性はとても小さい。いわゆる人種による違いは、他に類を見ないほど広い地域に適応した結果に過ぎない。世界各地に拡散する冒険心こそ、現生人類のらしさとも言える。本書の最大の主張は選民思想の否定で、確かに人類学的観点からは人種とは下らない区別である。また、5万年前以降、世界中で大型動物や旧人類が姿を消した。優れた能力で頂点に立つホモサピエンスだが、その力を誤った方向に使ってはいけないなと。2022/07/09

kumoi

4
アフリカの土地に、おぼつかない足取りで地上を歩き始めた動物。それが人類だ。彼らは弱かった。肉食獣に襲われれば、なす術がない。多くの仲間を失いながら、ひっそりと草原で暮らしていた。しかし、今や人類は世界中に拡散し、自分達に都合の良いように環境を作り替えた。忘れてしまったのだろうか。世界には最初から何もないことを。私たちの上にあるのは天国ではなく、空であることを。虚構こそ、人類最大の特徴。だが、世界には希望も絶望もないのだ。生まれたときから生きる意味なんかない。アルディピテクス・ラミダスはそれを教えてくれる。2022/07/02

Myrmidon

4
あの「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」の海部センセイによる、人類学入門。おそらく学部一回生向け(一般教養科目)の授業をまとめたものらしく、柔らかい語り口調に加え、随所に学生とのやりとりが仕込まれていて、とても読みやすい。反面、類書を読んでいれば新奇な知識や視点は少なく、基礎知識の確認用といった感じ。良い本だとは思うが、自分にはちょっと入門編過ぎたか。2022/03/24

ゆんろん

0
動物としての人間を考える材料について幅広く目配りされていて非常に興味深かった。こういう本がもっと読まれて欲しい。2022/05/16

石橋

0
人間はいつ誕生したのかという考古学的問いを、現代に通じる視点で講義されていてとても面白い。数万年の単位で考えれば、皮膚の色など単なる環境適応の一形態でしかない。2022/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19043778

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。