河出新書<br> 挑発する少女小説

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出新書
挑発する少女小説

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年11月27日 16時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 276p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784309631349
  • NDC分類 902.3
  • Cコード C0295

出版社内容情報

赤毛のアン、若草物語、小公女……大人になって読む少女小説は新たな発見に満ちている。あの名作にはいったい何が書かれていたか?

内容説明

『小公女』『若草物語』『ハイジ』『赤毛のアン』『あしながおじさん』『大草原の小さな家』―子どもの頃には気づかなかった。大人になって読む少女小説は、新たな発見に満ちている。懐かしいあの名作には、いったい何が書かれていたのか?かつて夢中で読んだ人も、まったく読んだことがない人も、いまあらためて知る、戦う少女たちの物語。

目次

はじめに―少女小説って何ですか?
1 魔法使いと決別すること―バーネット『小公女』
2 男の子になりたいと思うこと―オルコット『若草物語』
3 資本主義社会で生きること―シュピーリ『ハイジ』
4 女の子らしさを肯定すること―モンゴメリ『赤毛のアン』
5 自分の部屋を持つこと―ウェブスター『あしながおじさん』
6 健康を取り戻すこと―バーネット『秘密の花園』
7 制約を乗りこえること―ワイルダー『大草原の小さな家』シリーズ
8 冒険に踏み出すこと―ケストナー『ふたりのロッテ』
9 常識を逸脱すること―リンドグレーン『長くつ下のピッピ』
おわりに―挑発する少女小説

著者等紹介

斎藤美奈子[サイトウミナコ]
1956年、新潟県生まれ。文芸評論家。1994年、『妊娠小説』(ちくま文庫)でデビュー。2002年、『文章読本さん江』(ちくま文庫)で第1回小林秀雄賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

榊原 香織

73
面白い! バッタバッタと切りまくる! ”ハイジ”の、偏屈じじい、出稼ぎ少女の星、には笑ってしまった。 ほんと、口が悪いww ”秘密の花園”のコリンは、”少女小説史上類を見ない、甘ったれのクソガキ”ww2021/11/02

帽子を編みます

61
どう感想を書くべきか、頷ける部分もあります、しかし、いやそれは違うでしょうと思う部分もあります。心がざわつく一冊であることは確かです。作者は敢えて挑発しているので、それに乗るか、醒めた目で否定するかで変わってくるでしょう。女性史にも当然詳しいはずの作者が、敢えて書かれた当時の常識ではなく現代での視点で挑発するのは、なぜなのか?弱き者がどのように戦うべきか、何を武器に挑むべきか。「おんなこどもが」楽しく読んでいた本にもこのような読み方が出来るのは驚きがあります。2021/11/22

活字の旅遊人

59
『小公女』『若草物語』『ハイジ』『赤毛のアン』『あしながおじさん』『秘密の花園』『大草原の小さな家』『ふたりのロッテ』『長くつしたのピッピ』。見事に、前から五作は何らかの形で触れたことがあり、後ろ四作は、実はほとんど知らない。が、どちらも興味深い解釈。こういうのを読むと、文学部で勉強したいなあ、と思う単純オヤジです。あとがきに男子は少女小説を避けるが、女子は少年小説を読む、とあり、納得。前五作だってアニメで観たんだよな、確かに。これもジェンダー洗脳だよなあ。どれもネタバレなのに読みたくさせる技にも感心だ。2021/08/28

とよぽん

56
一瞬、少女小説を挑発する本かと思ったが、逆だった。19世紀後半から20世紀前半に書かれ、作者も多くは女性だった『若草物語』や『赤毛のアン』、『あしながおじさん』などを取り上げている。そもそも、少女小説は良妻賢母教育のツールとして子供たちに与えられたもの。しかし、実際には因習やジェンダー不平等に抗えと読者を挑発し刺激する要素に満ちており、ちょっと抑え気味の美奈子節による分析が面白かった。英、米、スイス、カナダ、ドイツ、スウェーデンの作家たち、素晴らしい。2021/10/26

おかむら

35
「小公女」「赤毛のアン」「若草物語」など 往年の名作少女小説を現在の知見で読み直してみる試み。セーラがこんな子だったなんて!ハイジは出稼ぎ少女?アンが過剰におしゃべりなわけは。長靴下のピッピはパロディ?等々、斎藤美奈子によるイジワル且つ的を得た指摘が楽しい! 今NHKでやってる「アンという名の少女」がたぶん原作とは大分違う展開になってますがそれはそれで楽しいわ、と思うタイプの人はこの本も楽しめるはず。ピッピ3部作は昔々持ってたので繰り返し読んだはずなのに半世紀経つと全く忘れてたー。けど思い出したー。2021/10/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17898563

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。