河出ブックス<br> フーコー講義

個数:

河出ブックス
フーコー講義

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年01月23日 15時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309624242
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C0310

内容説明

たえず変貌しつづけながら、そのすべてがあらゆる領域に巨大な影響を与えたミシェル・フーコー。最新の研究と現在の思想状況をふまえつつ、その全軌跡を明快に走査しながら、狂気、表象、生権力、統治性、自己のテクノロジーなどの諸主題の関連をときほぐし、「人間の消滅」の実現としての「人間」なき「自己」/自然的主体の彼方を問い続けた、未来の思想家としてのフーコーをあきらかにする。

目次

序章 フーコーを読むということ
第1講義 フーコーというひと/フーコーの方法論
第2講義 「人間」の解剖学―『臨床医学の誕生』と『狂気の歴史』
第3講義 二重体としての「人間」―『言葉と物』
第4講義 規律化される人間―『監獄の誕生』
第5講義 「生権力」について―『性の歴史1』
第6講義 「統治性」というプログラム―七〇年代後期の『講義録』
第7講義 新たな自己の実践―八〇年代の『講義録』から『性の歴史2』『性の歴史3』へ
第8講義 フーコー以降のフーコー

著者等紹介

桧垣立哉[ヒガキタツヤ]
1964年生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

またの名

12
難解おフランス思想の中でも分かりやすい方なので入門書は一冊だけで十分では?と思われるけど、それなりに独自路線を出した解説。生を追求したベルクソンとドゥルーズも専門にする著者の強調点は、フーコーにおける生という主題の比重。流麗な筆致の中でも常に突き放した冷徹な視点を揺るがず持ち続けてるように見える思想家の著作に生への賛歌を見つけたドゥルーズの読みを意識して、権力が作用を及ぼし管理統治しようとする自然的生命的身体を浮かび上がらせる。確かに、権力があえて掌握したいのならその対象は不定で捉え難い反システムのはず。2019/03/28

emuuwaii

7
フーコーの思想を、その著作と講義から紹介する本。西洋における近代的な自己とは別のあり方の自己の探求。フーコー関連の本を読むのはほとんど初めてでしたが、筆者のフーコーに関する読みを、わかりやすく整理してくれていました。2018/02/08

りょーや

5
2冊目のフーコー入門書。用語の訳や表現の仕方は多少1冊目に読んだもの(『フーコー入門』中山元)と差があったが割と理解して読めたと思う。晩年の思想である「パレーシア」や、フーコーの死後におけるフーコー哲学の展望も書かれており、後半の充実度が高かった。2020/05/26

ポカホンタス

4
勉強会で読んだ。なんとなく知ったかぶりしていたフーコーについて改めて学んだ。特に晩年の思想については知らなかった部分も多く、刺激的だった。統治性や自己のテクノロジーなどについて講義録を読んでみよう。2018/02/26

けいぎ

3
生命大好きおじさん2015/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1260551

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。