14歳の世渡り術<br> 私の職場はサバンナです!

個数:

14歳の世渡り術
私の職場はサバンナです!

  • 提携先に14冊在庫がございます。(2024年05月19日 08時36分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 216p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309617510
  • NDC分類 482.4
  • Cコード C0345

出版社内容情報

大好きな動物を守りたい――南アフリカ政府公認・唯一の日本人女性サファリガイドが伝えたい知られざるサバンナの動物たちの生態、環境保護の最前線、人と自然が共生するために大切なこと。

著者情報
1995年生まれ。南アフリカ政府公認サファリガイド。立教大学在学中に、南アフリカのサファリガイド訓練学校に留学し、資格を取得。2016年からガイドとして活動し、野生動物の保護活動にも取り組んでいる。

内容説明

さぁサファリツアーへ出発です!南アフリカ政府公認・唯一の日本人女性サファリガイドが伝える知られざるサバンナの動物たちの生態、環境保護の最前線、人と自然が共生していくために大切なこと。

目次

第1章 どうしてもアフリカで働きたい!
第2章 想像を超えたサバイバル リアルな肉食ライフ
第3章 生き抜くために手を取り合う サバンナの草食動物たち
第4章 見た目も能力も陸とは一味違う! 空駆ける鳥の世界
第5章 縁の下の力持ち サバンナを支える小さなヒーローたち
第6章 夢は死ぬまでサバンナ 動物と共に生きる未来のために

著者等紹介

太田ゆか[オオタユカ]
1995年、アメリカ・ロサンゼルス生まれ、神奈川県育ち。南アフリカ政府公認サファリガイド。立教大学観光学部在学中に、南アフリカのサファリガイド訓練学校に留学し、資格を取得。大学卒業後、2016年からガイドとして活動している。野生動物の保護活動にも取り組み、サバンナの魅力と現状を広く伝えようと、様々な情報や写真をSNSでも発信している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Aya Murakami

67
図書館本。 ハゲワシが1万1000mの高さを飛ぶことができる。初耳です。ハルジオンの種が標高1000mの高さを飛ぶことを考えると文字通りけた違い。ヘモグロビンの効率がいいのが高度をあげる秘訣らしい。 掃除屋系猛禽類といえば地元にいっぱいいるとんびを思い出しますが、ハゲワシの胃酸はペーハー0あたりで金属も腐食させるらしい。とんびの胃酸はどうだろう? なおインドではとある安薬が原因でハゲワシが激減して狂犬病が大発生…。生態系からのしっぺ返し、怖いですね。2024/03/17

pohcho

55
以前「クレイジージャーニー」に出演されていた太田さん。南アフリカ政府公認サファリガイドで、本書では彼女がガイドになった経緯や、サバンナに生きる動物たちのことが綴られている。チーターの顔の黒いラインの話を読んで動物の体はよくできているなあと感心したり、キリンのフンがすごく小さくて驚いたり。蜂蜜の場所を人間に教えてくれる鳥の話も興味深かったけど、一番印象的だったのがフンコロガシ!逆立ちで後ろ向きに歩く姿(写真)に驚き。とても楽しく読ませてもらった。いつか南アフリカを訪問して太田さんのツアーに参加してみたい。2023/07/24

chiaki

30
2024年高校課題図書。サバンナに生きるものすべて、自然の中でバランスを保ちながらつながり循環し共存共栄関係にある。そのサイクルに手を加えることは生態系を壊すことにつながっている。長い地球の歴史の中で築かれた共生関係、私たち人間もその一員であるということを自覚すべきだと痛感。人間だけが自然を独占してはいけない、もっと謙虚にならねば!とは言え、環境保護と地域の経済成長、観光業や産業開発、雇用と貧困の問題、地域住民との共存問題…野生動物保護が直面する現実問題は山積しすぎてて一筋縄ではいかない難しさを知る。2024/05/02

檸檬の木

18
14才の世渡り術シリーズ。小さい頃からの動物好きが高じて南アフリカで現地の訓練学校を経てサファリガイド(政府公認)として活躍中。朝四時に出勤、五時にサファリに出発し、夜の八時に仕事終了というパワフルな毎日。サバンナに住む動物たちの魅力が満載でした。ガイドの傍ら野生動物の保護活動にも携わっている。農業開発に侵される生息地に住む動物たちの健康的な生態系を存続させる苦悩を訴え、消費者である私たちは問題を投げかけられた。中学生以上が対象であるが、大人が読んでも夢中になる一冊でした。2023/08/28

tetsubun1000mg

14
14歳の中学生向けの職業案内用に書かれたシリーズのようだが、サバンナが職場?とタイトルと表紙の若い女性の写真に興味が湧く。 内容は決して中学生向けではなく丁寧に書かれている。 帰国子女で海外留学の経験も豊富なようで、動物好きで獣医になりたかったのがきっかけのようです。 南アフリカのサファリガイドなんて自分では絶対になりたくないけど、筆者の太田ゆかさんは本当に好きで怖さは無かったようだ。 サバンナの動物、鳥、昆虫なども画像入りで大変詳しく書かれていて面白かったし、生態系を守ることが大変難しいのが分かった。2023/08/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21011893
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。