14歳の世渡り術<br> タガヤセ!日本―「農水省の白石さん」が農業の魅力教えます

個数:

14歳の世渡り術
タガヤセ!日本―「農水省の白石さん」が農業の魅力教えます

  • ウェブストアに89冊在庫がございます。(2022年08月12日 22時00分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 188p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309617404
  • NDC分類 612.1
  • Cコード C0361

出版社内容情報

官僚YouTuberとしてメディアにも登場する著者が最新の農業から、実はスゴい日本の農作物や日本の農業の未来までを語る1冊。

内容説明

AIによるスマート農業(ドローンや無人トラクターも活躍!)から品種改良のヒミツ(A5ランクはおいしさの基準じゃない!?)まで。現役官僚YouTuberが全力で“推す”農業の世界!

目次

第1章 日本の農業ってこんなにすごい!―日本の農業の特徴と魅力(鹿児島のお調子者でした;農家さん、漁師さんと交流した大学時代 ほか)
第2章 その農業のイメージ、古いかも!?―変わりゆく農業と農家さんの仕事(手で田植えをしている農家さんはほとんどいません!;大規模化、機械化がどんどん進んでます ほか)
第3章 日本で食べるものは日本で作ろう!―日本の農業が抱える課題(食料自給率…食料が輸入しづらくなったらどうする?;食料自給率を上げないとどうなる?;食品ロス…もったいないだけじゃなく、環境にも悪影響 ほか)
第4章 国民の食と命を支えています!―農林水産省の仕事(農業や食まわりの法律や仕組みを作り、実行する仕事;「国家公務員」の仕事はさまざま ほか)

著者等紹介

白石優生[シライシユウセイ]
1997年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学法文学部を卒業後、農林水産省に入省。熊本県の九州農政局で働いたのち、2021年度より東京・霞が関の本省「大臣官房広報評価課広報室」へ異動。農林水産省が運営するYouTubeチャンネル「BUZZ MAFF(ばずまふ)」の中心メンバーとして活動し、チャンネル登録者数約15万人(2022年6月現在)の人気チャンネルへと育てる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件