14歳の世渡り術<br> 医者になりたい君へ―心臓外科医が伝える命の仕事

個数:

14歳の世渡り術
医者になりたい君へ―心臓外科医が伝える命の仕事

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年02月20日 13時00分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784309616827
  • NDC分類 494.643
  • Cコード C0345

目次

第1章 心臓は愛しい臓器(心臓って愛しい;心臓は体のエンジン ほか)
第2章 外科医はアスリート(外科医の祖先は床屋だった!?;外科医はアスリート ほか)
第3章 怖さとの闘い(「神に祈る」手;99%の成功率でも五〇人を亡くしている ほか)
第4章 救えなかった命(命を繋ぐ;バチスタ手術が必要とされた理由 ほか)
第5章 挑む心を育てよう(子どもたちに医療の現場を見せる―「原点」の発見;男の子が見た「命」 ほか)

著者等紹介

須磨久善[スマヒサヨシ]
1974年大阪医科大学卒業。虎の門病院、順天堂大学で研修し、三井記念病院心臓外科部長、カトリック大学心臓外科教授(ローマ在住)、葉山ハートセンター院長、心臓血管研究所スーパーバイザーを歴任し、現在は代官山で須磨ハートクリニック院長と順天堂大学客員教授を兼任。世界初の胃大網動脈を用いた冠動脈バイパス手術や日本初のバチスタ手術を成功させた。日本心臓学会栄誉賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本初の難手術「バチスタ手術」を成功、世界の第一線に立つ心臓外科医が見つめた医療と人々の姿、夢と現実、医学の可能性を綴る。

【著者紹介】
大阪医科大学卒業。須磨ハートクリニック院長、順天堂大学客員教授。世界初の胃大網動脈を用いた冠動脈バイパス手術や日本初のバチスタ手術を成功させ、ドラマ「医龍」「チームバチスタの栄光」等の監修も務める。