KAWADE夢文庫<br> 本当は恐ろしい儒教―人格を磨く信仰か、ゆがんだ支配思想か

個数:

KAWADE夢文庫
本当は恐ろしい儒教―人格を磨く信仰か、ゆがんだ支配思想か

  • ウェブストアに137冊在庫がございます。(2020年09月26日 03時59分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309485478
  • NDC分類 124.1
  • Cコード C0120

内容説明

目上を敬い、相手を思いやる儒教の教え…その奥には孔子から受け継がれる、差別的世界観が隠れていた。日本人が知らない驚愕の思想がいま明らかに!

目次

序章 儒教の本質を知らなければ、日本人は中国・韓国との軋轢を理解できない
1章 春秋戦国の中国で、孔子が差別的思想を生んだわけ―古代中国期
2章 統治の格好な手段としてなぜ儒教が利用されたのか―南北朝・隋・唐帝国期
3章 中華思想の危機の時代に、なぜ儒教から朱子学が台頭したのか―宋・モンゴル帝国期
4章 中国思想、排外主義、身分制…東アジアを覆った朱子学の暗雲―明帝国・徳川幕府草創期
5章 “為政者の論理”の儒教が日本では反体制思想に変わった―清帝国・徳川幕府滅亡期
6章 儒教による近代化の遅れが厄介な禍根を生み出した―帝国主義期
7章 世界に緊張と停滞をもたらす儒教の呪縛は永久に解けないのか―第二次世界大戦後

著者等紹介

内藤博文[ナイトウヒロフミ]
1961年生まれ。大学卒業後、新書系の出版社に勤務。現在は、歴史、地理、世界と日本、文化、娯楽などの分野を得意とするライターとして精力的に執筆を行なう一方、地方で実業にも携わっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

上下関係を強要する儒教思想が歴史に刻んだ“負の側面”とは? 中華思想、官僚主義、尊皇攘夷など、意外な影響を解明。