河出文庫<br> 世界の歴史〈11〉アジアの征服王朝

電子版価格 ¥990
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
世界の歴史〈11〉アジアの征服王朝

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 404,/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784309471709
  • NDC分類 209
  • Cコード C0122

内容説明

史上最大のモンゴル帝国史。ユーラシア大陸を怒濤のごとき騎兵で席捲し、東西文化を融合させた雄大な歴史絵巻。

目次

唐帝国の文化遺産
キタイ征服王朝の登場
宋統一中国の新しい気運
躍進する宋代中国の産業と経済
累積する社会矛盾と政治改革
国際関係の変化と第二次南北朝の展開
深まる文化と普及する文化
アジアの嵐
世界帝国から訣別する東アジア
中国でもっとも変則的な時代
多彩な社会
西北四ハン国の消長

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

牧神の午後

6
元よりもその前、女真族の金や契丹だったり、そして何よりも征服される対象としての宋の歴史や課題に筆を割いているのは、看板に偽りあり?と見せかけて、征服王朝が相克すべきものは、先人達の長所や限界を踏まえた上で、対象の課題を解決しないと永続しない。その意味で、筆者の征服王朝が何も生み出しはしない的なスタンスは気になれど、元も一時の徒花で終わってしまったことは理解できる。2019/09/15

フェイ

2
タイトルからモンゴル帝国に紙面を割いていると思いきや、モンゴル帝国の前に中国へ進出したキタン帝国(遼王朝)のほうに紙面を割いている。自分はそれまでキタン帝国が何かを知らなかったから、モンゴルや金の前にはこんな大先輩が中国に進出していたことを知って驚いたと同時に、あのモンゴル帝国が突然出てくるわけではないことがわかって納得した、中国王朝が彼らの民族意識を育て、結果大帝国にしてしまったわけで、そこは素晴らしく良かった。ただ、著者は遼や金の文化を中国文化の劣化品と見ている部分だけは気になった。2015/02/19

がんぞ

2
宮崎市定『概説』では「遼と後金(女真)に毎年莫大な貢納をし同格に皇帝と呼ばねばならなかったことが漢人のナショナリズムを刺激し中華思想形成につながった」と簡単に書いているあたりを、宋代には囚人を動員して膨大な銭を鋳造し納税や流通に当てたことで従来の交換経済より効率化し、国家経営に科挙の制度採用で士大夫=読書人階級が現れたことも文化発展につながった。元100年ではマルコポーロも驚いた紙幣が塩税納付(国家専売で原価の二百倍)に使用され、科挙は停止されコネ採用で読書人は下級官吏にしかなれず政治衰退、など興味津々…2014/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1321421

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。