河出文庫<br> なにかが首のまわりに

個数:
電子版価格 ¥1,265
  • 電書あり

河出文庫
なにかが首のまわりに

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月18日 07時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 320p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309464985
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

異なる文化に育った男女の心の揺れを瑞々しく描く表題作のほか、文化、歴史、性差のギャップを絶妙な筆致で捉えた魅力の物語集。

内容説明

ラゴスからアメリカに移民した若い主人公がエクストラ・ヴァージン・オイル色の目をした白人の男の子と親しくなる表題作(「アメリカにいる、きみ」改題)のほか、「ひそかな経験」「明日は遠すぎて」など、人種、ジェンダー、家族にまつわるステレオタイプな思考を解きほぐす、天性のストーリーテラーの切なく繊細な12の短篇。

著者等紹介

アディーチェ,チママンダ・ンゴズィ[アディーチェ,チママンダンゴズィ] [Adichie,Chimamanda Ngozi]
1977年ナイジェリア生まれ。抜群の知性としなやかな感性で繊細な物語を紡ぎ出す。2007年『半分のぼった黄色い太陽』でオレンジ賞受賞。13年『アメリカーナ』で全米批評家協会賞受賞

くぼたのぞみ[クボタノゾミ]
北海道生まれ。翻訳家、詩人。東京外国語大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みどり虫

154
まずは作家の名前に妙に惹かれたんである。ちなみにファーストネームのチママンダとは、イボ語で「私の守り神は倒れない」。カッコいい。そんな名を持つナイジェリアの女性作家による短編集。とても良かった。淡々とした文ながらも、時には切なく苦しく、時には滑稽さすら感じられるようなナイジェリア人たちの暮らしや想いが丁寧に綴られている。アメリカやアメリカ人への複雑な思いも興味深い。表題作、「ひそかな経験」「アメリカ大使館」「結婚の世話人」が特に好み。チママンダ・ンゴズィ・アディーチェの長編も読んでみたい。2019/11/26

ちゃちゃ

131
生まれながらにして私たちの人生を縛るもの。人種、性別、家族、境遇…。その差異を超えて私たちは理解し合えるのだろうか。ナイジェリアからアメリカへ移民した作者自らの体験をもとにした数々の違和感。言語、宗教、文化、日常のあらゆる面で浮き彫りにされる埋められない溝。12編の短編では、砂を噛むような憤りや絶望に沈む心の襞がさらりと繊細に描かれる。その筆先は時に鋭く容赦なく、時に軽妙でコミカル、そして静かで切ない余韻を含み、作者の天賦の文才を感じさせる。エッジの効いた作品。優れた才能との出会いに胸が高鳴った一冊。2020/02/17

ふう

120
扉を開けて外に出ても、そこに何もかもから自由で思いきり呼吸できる世界が広がっているわけではありません。進めば壁が立ちはだかっているし、出会う人も決して自由ではないし。自由そうに見えるこの国に暮らしていてさえ、わたしたちの周りには見えない何かがまとわりついています。気づいてもなかなか取り払えない何か。それがまるで自分を守ってくれているようにさえ思える何か。そんな感傷に近い思いを、チママンダの作品は、考える力へと導いてくれます。世界はそんなに簡単には変えられないけど、自分はどう生きたいか考える力へと。2020/05/19

どんぐり

96
アディーチェの既刊翻訳短篇集『アメリカにいる、きみ』『明日は遠すぎて』から各々6篇が収録された12篇。アフリカンアメリカンや多民族国家ナイジェリアが抱える問題を扱い、人種、ジェンダー、親子、夫婦、兄妹など、さまざまな人間関係を描いている。欧米化するナイジェリア社会とアフリカンを生きる若者を描いた長編『アメリカーナ』の布石にもなった作品群である。「アフリカは外部の目から描かれることが多かったけれど、いまはアフリカ人が自分たちの物語として書く時代だ」というアディーチェが、しばらく創作活動から遠ざかっているだけ2020/06/12

アキ

74
ナイジェリア出身でアメリカ在住のとても有名な作家C・N・アディ―チェ。ナイジェリア・ラゴスの内情も気になります。アトランタ五輪サッカー金メダルを獲ったスーパーイーグルスも出てきて懐かしい。さて短編小説12編。表題「なにかが首のまわりに」第3者からきみを主人公に語られる。ラゴスからアメリカで人と出会い、生まれる心の変容を描いた作品。声高く黒人差別を糾弾するものはなく、哀しみと切なさをそのまま提示して余韻を残すような小編が多い。「ジャンピング・モンキー・ヒル」「アメリカ大使館」「震え」「結婚の世話人」が好み。2020/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14001195

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。