河出文庫<br> ハイファに戻って/太陽の男たち

個数:

河出文庫
ハイファに戻って/太陽の男たち

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2021年10月19日 21時16分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 296p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309464466
  • NDC分類 929.763
  • Cコード C0197

出版社内容情報

20年ぶりに再会した息子は別の家族に育てられていた――時代の苦悩を凝縮させた「ハイファに戻って」など、不滅の光を放つ名作群。

内容説明

悲劇的な親子の再会を通して時代に翻弄される人間の苦しみを描いた『ハイファに戻って』、密入国を試みる男たちの凄惨な末路を描く『太陽の男たち』ほか、世界文学史上に不滅の光を放つ名作7篇を収録。若くして爆殺された伝説の作家による、パレスチナ問題の苛酷な真実に迫る衝撃の作品群。

著者等紹介

カナファーニー,ガッサーン[カナファーニー,ガッサーン] [Kanafani,Ghassan]
1936‐1972。パレスチナに生まれ、12歳のときユダヤ人武装組織による虐殺を生き延び難民となる。パレスチナ解放運動で重要な役割を果たすかたわら、小説、戯曲などを執筆。36歳の若さで自動車に仕掛けられた爆弾により暗殺される。遺された作品は現代アラビア語文学を代表する傑作として評価されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちえ

57
パレスチナについて何も知らなかったと知る。その凄惨な終わりに言葉を失う「太陽の男たち」オレンジが全く別の意味を持つようになる「悲しいオレンジの実る土地」親子の再開が悲劇的なものとなる「ハイファに戻って」国とは、土地とは…。後書きの難民の青年の言葉、問いかけにまた心を抉られる。語られている物語は一民族だけではなく私達皆の物語。パレスチナ生まれの作者は12歳で住んでいた村への虐殺事件で難民となりパレスチナ解放運動で重要な役割を果たしながら小説、戯曲を執筆。36才で自動車に仕掛けられた爆弾で暗殺された。2020/03/04

chanvesa

38
「ハイファに戻って」は心が痛くなる。小説の中に出てくる3つの言説が、20世紀の悲劇を体現している。「そう、しかし。この恐ろしい、致命的な、血みどろの『しかし』というやつが……」(220頁)理性を越えた心情で理解を妨げる「わかります、しかし」。「人間は結局、それ自体が問題を体現している存在なのです。」(247頁)、この言葉はイデオロギーとして、敵対者間でキャッチボールされる。その「問題」が包含する複雑で歴史的な背景の重さは、体現するはずの人間自体をひねりつぶそうとする。2018/05/30

けいた@読書中はお静かに

26
読書会の課題本。時代背景、イデオロギー、歴史などが分からず、それらを理解するためにいろんな本を読みました。その後で少しづつ登場人物の気持ちを推測しながら、また調べ物をしたりと…非常に時間がかかりました。よって、読書会には表題作しか間に合いませんでした。いや、時間があったとしてもテーマが重くて続けては読みきらなかったと思う。作者が爆殺されてからもう少しで半世紀も経とうとするけど、全く状況が変わらないことに人間の咎の深さを感じます。2018/12/07

はやしま

24
短編集。1950ー60年代に書かれたものだが、パレスチナの状況が殆ど変わってないことに考えさせられる。この短編集は日本独自の編集だが、選ばれている作品の年代(主人公の年頃)時(第一次中東戦争前後にパレスチナの人たちが逃げ出す頃、難民キャンプでの生活立ち上げの頃、第三次中東戦争後など)、場所(西岸、シリア、レバノンからイラク・クウェート、イスラエル領内まで)がバランスよく編まれている(それだけに地図の間違いは惜しい)。著者が存命だったら70年代以降のパレスチナをどう書いただろうか。2017/08/05

tsu55

23
給水車のタンクに隠れて密入国を図る三人の男たち。灼熱の太陽に焼かれたタンクの中で男たちは死んでしまう。 「なぜ、(死ぬ前に)タンクの壁を叩かなかったんだ」と給水車の運転手は叫ぶ。 叩かなければ、声を上げなければ、悲惨な状況から抜け出すことはできない。 でも、叩かなかったのではなく、叩いたけれど聞こえなかったのではないか? あるいは外の人びとが聞こうとしなかったのではないか?。 私たちはその声を聞こうとしたのか? (表題作のうち「太陽の男たち」)2017/09/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11910673

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。