河出文庫<br> キャロル

個数:
電子版価格 ¥902
  • 電書あり

河出文庫
キャロル

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2024年02月26日 12時15分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 462p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309464169
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

クリスマス、おもちゃ売り場の女店員はキャロルと出会う…サスペンスの女王による、二人の女性の恋の物語。映画化原作ベストセラー。

【著者紹介】
1921-1995年。テキサス州生まれ。『見知らぬ乗客』『太陽がいっぱい』が映画化され、人気作家に。『太陽がいっぱい』でフランス推理小説大賞、『殺意の迷宮』で英国推理作家協会(CWA)賞を受賞。

内容説明

クリスマス商戦のさ中、デパートのおもちゃ売り場でアルバイトをする十九歳の女性テレーズは、美しい人妻と出会う。彼女の名はキャロル。テレーズは恋に近い気持ちを胸に、キャロルに誘われ自動車旅行へ。二人を待つ運命を、彼女たちはまだ知らない…サスペンスの巨匠ハイスミスが匿名で出した幻の恋愛小説、待望の本邦初訳。

著者等紹介

ハイスミス,パトリシア[ハイスミス,パトリシア] [Highsmith,Patricia]
1921年、テキサス州生まれ。45年に「ヒロイン」が雑誌掲載され作家デビュー。『見知らぬ乗客』『太陽がいっぱい』が映画化され、人気作家に。『太陽がいっぱい』でフランス推理小説大賞、『殺意の迷宮』で英国推理作家協会(CWA)賞を受賞。サスペンスの巨匠として多くの作品を発表。生涯の大半をヨーロッパで過ごした。1995年死去

柿沼瑛子[カキヌマエイコ]
1953年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部日本史学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紅はこべ

154
主にテレーズの視点から描かれているが、これがキャロル視点になると、同性愛者版『アンナ・カレーニナ』って感じになるのかな。恋と同時に子供への愛も捨てられない女性ということで。テレーズの恋に落ちる様は細かく描かれている。心理小説みたい。王道な恋愛小説だと思った。『制服の処女』はあくまで精神的な愛情だが、本作は肉体的愛も描かれていて、大人の愛。辛い結末を予想していたが、ハイスミスにしては、意外な終わり方。読後感は良い。リチャードとハージはゲスだった。女に想定外の行動を取られた男ってそんなものか。2017/05/31

utinopoti27

126
舞台は50年代のアメリカ。本作は19歳の駆け出し舞台美術家テレーズと、美貌の人妻キャロルが織りなすレズビアン小説だ。自分にない成熟した女性の魅力を持つキャロルに対する憧れが、いつしか揺るぎない愛に変わってゆく・・。出口の見えない破滅の予感が支配するハイスミスの作品群の中で、異例の純愛物語は、甘美で切ない調べを奏で続けます。ちなみに、同性愛の嗜好を持つ作者の自伝的要素も含まれているのだとか。LGBTが異端視された当時の世情にあって、性別の垣根を超えた普遍的な愛をあえてテーマにした本作の意義は大きい。2019/06/06

やきいも

117
2015年に映画化された作品。毎日新聞の書評欄でもとりあげられました。19歳のテレーズと人妻のキャロル。1950年代のニューヨークの女性同士の恋愛を描いた本。どんな事があっても前向きに道を切り開く主人公たち。やはり女たちは強い。登場人物の心理が細かく描かれていて読んでる自分が恋愛の渦中にいるような気分になった。また再読したい。2017/01/20

びす男

74
映画見たなと、ラストシーンで思い出す。抱き合った瞬間の、天国もかすむほどの喜び。愛し合うほどに、失うもの――。女性同士の恋愛だが、そこに見えるのは普遍的な人間の姿である■「ロミオとジュリエット」で両家の確執が二人を隔てたのと同様、キャロルとテレーズの間には「世間」が立ちはだかる。何かを越え、手放さなければいけないという葛藤は男女間のそれと変わらない■女性同士の恋を初めて真面目に扱った作品だと、解説は言う。男の読者も切なくなり、そして祝福したくなるのは、テーマの独自性に依存していない小説だったからだろう。2019/10/10

えりか

67
あぁ、麗しのキャロル。その気高い猫のような気まぐれも愛というフィルターを通せば、全てが愛しく感じられる。輝くブロンド、光や炎を秘めたグレーの瞳、タバコを挟む指、運転中の横顔、全てが美しい。愛の喜びや不安、絶望や希望という心の動きが痛いほど繊細に描かれている。また少々冷酷とも思えるようなテレーズの性や老いに対する批判的な態度も、未熟さゆえと言えるかもしれない、ラストは彼女なりの経験を経て、成長を遂げているように思える。二部のスピードにのった、喜びからの絶望への落差に胸が締め付ける。切なくて美しい物語だった。2017/12/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10028289
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。