河出文庫<br> FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学

個数:
電子版価格 ¥1,045
  • 電書あり

河出文庫
FBI捜査官が教える「しぐさ」の心理学

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月23日 14時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 322p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309463803
  • NDC分類 801.9
  • Cコード C0111

内容説明

言葉ではウソをつけても、しぐさではウソをつけない。自信のあるなしや、安心/不安なときのしぐさの違いを見分けられるようになれば、人とのつきあいがスムーズになる。「スパイキャッチャー」、「人間ウソ発見器」の異名をとる元FBI捜査官が、普段見落としがちなしぐさによるメッセージを、あますところなく明かす。

目次

第1章 しぐさに秘められた意味を知る
第2章 辺縁系の遺産で生きる
第3章 ボディー・ランゲージへの第一歩を踏み出す―足と脚のメッセージ
第4章 胴体の語るヒント―腰、腹、胸、肩のメッセージ
第5章 手の届く範囲にある知識―腕のメッセージ
第6章 落ち着くために―手と指のメッセージ
第7章 心のキャンバス―顔のメッセージ
第8章 ウソを見抜く―慎重に判断すること!
第9章 最後に

著者等紹介

ナヴァロ,ジョー[ナヴァロ,ジョー][Navarro,Joe]
25年にわたってFBIスパイ防止活動特別捜査官を務め、ノンバーバル・コミュニケーション専門のスーパーバイザーとして活躍。セント・レオ大学やFBIで、非常勤の講師を務める

カーリンズ,マーヴィン[カーリンズ,マーヴィン][Karlins,Marvin]
プリンストン大学で心理学博士号を取得後、サウス・フロリダ大学で経営管理学の教授を務める。著書多数

西田美緒子[ニシダミオコ]
翻訳家。津田塾大学英文学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

naoっぴ

69
図書館で何気なく手にとってそのまま立ち読み。人のしぐさが表すものをテーマにした本は多いけれど、この本は理論的でした。しぐさのあれこれは、人が緊張したとき、不快なとき、または喜んだとき、興奮しているときなどあくまでも情動的なもので、例えば嘘をついているというような、このしぐさは○○だなどと具体的な何かに短絡的に結び付けるものではないということには大いに納得。FBI捜査官が一定の質問に関連するしぐさを見て推理するプロセスは興味深かった。2016/05/18

zoe

19
言葉だけでなくボディランゲージの意味を知ることができれば、より豊かな人間関係が築けるはず。私達には生き残るために獲得した反応「固まる」「逃げる」「戦う」がある。そういう観点で足の動きは正直。腕や手は軽いタッチがコミュニケーションと社会の調和に重要(最近はハラスメントを過剰に意識するけれども)。べき、べからずは文化的背景あり。2つの表情を見かけたら、最初の表情が正しい。出典は忘れたけれど、手話との組み合わせで、大人数で離れていても、大声での会話もしている最中、会話をしている人たちがいると読んだ事を思い出す。2021/02/07

wiki

17
ちょっとアメリカンすぎるような気もするが。おおまか共通する点もあるので一つの参考にはなる。こうしたところに言葉以外の表情が現れると理解しながらコミュニケーションをとるのとそうてないのとでは得られる情報量が異なる。外交を基とする仕事柄、これは大切な観点として持っておきたい。2020/04/30

pekori

16
人が無意識にやる動作から本心を読み解くヒントが書かれている。要所要所で表情やしぐさの写真もあり、わかりやすい内容だった。ただ、やはり文化の違いなのか、日本人が普段やるはずのない動作も多く、しっくりこないところも結構多い。元FBI捜査官ならではの視点に期待し過ぎたせいか、それくらいなら誰でも分かるとツッコミたくなる解説も。★★★☆☆2020/08/01

ルル

16
「見る」のではなく「観察」する。それが難しい!2017/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5715011

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。