河出文庫<br> ピエール・リヴィエール―殺人・狂気・エクリチュール

個数:
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
ピエール・リヴィエール―殺人・狂気・エクリチュール

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年08月01日 03時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 502p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309463391
  • NDC分類 493.72
  • Cコード C0110

内容説明

犯罪と精神医学との関係をめぐる研究の過程で、十九世紀フランスの小さな農村に住む一人の青年が母、妹、弟を殺害した事件に出会ったフーコーらは、この殺人犯が残した手記の美しさに驚嘆し、手記を含む訴訟資料の一式および事件に関する論考を一冊にまとめた。フーコーにおける権力と知の分析にとっての記念碑的労作であると同時に希有の強度にみちた名著を、最新の研究成果をふまえて新訳。

目次

1 訴訟関連資料(犯行と逮捕;予審;手記;法医学鑑定書;裁判;牢獄と死;追加資料)
2 論考(動物、狂人、死(ジャン=ピエール・ペテール、ジャンヌ・ファヴレ)
物語られる殺人(ミシェル・フーコー)
情状酌量(パトリシア・ムーラン)
王殺し‐親殺し(ブランディーヌ・バレ=クリージェル)
ピエール・リヴィエール対比研究(フィリップ・リオ)
医師と判事(ロベール・カステル)
理性の間欠(アレッサンドロ・フォンタナ))

著者等紹介

フーコー,ミシェル[フーコー,ミシェル][Foucault,Michel]
1926‐1984年。二十世紀後半における最も重要な思想家

慎改康之[シンカイヤスユキ]
1966年生まれ。明治学院大学准教授

柵瀬宏平[サクライコウヘイ]
1983年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍

千條真知子[チジョウマチコ]
立教大学大学院文学研究科博士課程在籍

八幡恵一[ヤハタケイイチ]
1981年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程在籍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。