河出文庫<br> 精子戦争―性行動の謎を解く

個数:
電子版価格 ¥1,045
  • 電書あり

河出文庫
精子戦争―性行動の謎を解く

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月27日 14時22分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 451p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309463285
  • NDC分類 141.74
  • Cコード C0145

出版社内容情報

精子と卵子、受精についての詳細な調査によって得られた著者の革命的な理論は、全世界の生物学者を驚かせた。日常の性行動を解釈し直し、性に対する常識をまったく新しい観点から捉えた衝撃作!

内容説明

射精された精液に含まれる精子の数は変化する。それは前回のセックスとの間隔や相手と一緒にいた時間に関係する―この驚くべき著者の理論は、全世界の生物学者を驚かせた。私たちの日常の性行動を解釈し直し、性に対する既成の概念を革命的に変える、まったく新しい観点から生み出された衝撃作。

目次

1 世代勝ち抜き競争
2 ルーティン・セックス
3 精子戦争
4 不倫のコスト
5 密かな期待
6 失敗も一つの戦略
7 遺伝子ショッピング
8 オーガズム
9 セックスのテクニック
10 異性愛と同性愛
11 子孫繁栄の総得点

著者等紹介

ベイカー,ロビン[ベイカー,ロビン][Baker,Robin]
生物学者。英国マンチェスター大学で教鞭をとっていた。1995年の『精子競争』で一躍有名になった。その実証的な研究方法と結果は、多くの専門家たちを驚嘆させた

秋川百合[アキカワユリ]
国際基督教大学卒業。新聞記者を経て、現在フリー・ジャーナリスト。女性問題、医療問題などをテーマに取材・執筆活動をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ちぇけら

14
なんだか1つのファンタジーのように感じられてしまう。読みやすさのためか物語のようなものが導入として描かれているせいかもしれない。精子には色んな働きのやつがいるとか、女性に溜め込む精子の量を一定にしようとしてるとか、ほんとにそうなってたらすごいなあと思うぐらいで終わってしまった。後半はぐだってきたかな。2017/06/12

ハイちん

13
長きに渡る資格試験の勉強が終わったので、ようやく読書ができるぞーってことで、まず手に取ったのがこの本だった。「精子戦争」は、人間のセックスのメカニズムを科学的見地から解き明かしていくという本である。なぜ不倫をするのか。なぜマスターベーションをするのか(ちなみに男と女でマスターベーションの効果はまるで異なる)。女性がオーガズムを感じるタイミングがまちまちなのはなぜか。異性に話したらセクハラで訴えられそうなネタを、本気で研究した著者がすごい。2017/10/11

九曜紋

11
読んでいて、ふと既視感に襲われた。90年代に動物行動学者の竹内久美子が似たようなことを書いていたような記憶がある。より優れた遺伝子を残すための男の戦略と女の戦略。それを記述したストーリーだけを見ると、かなり下品で低俗だな、という感想を禁じ得ない。著者は生物学者なのでそれなりに根拠のある内容なのだろうが、「トンデモ本」に分類される恐れなしとしない。正直なところ赤裸々な男女の営みの描写には辟易する。2019/02/15

月をみるもの

9
人間の精子の 1% だけが受精能力を持ち、あとは他の男の精子の侵入をくいとめるためだけの blocker だか Killer だと言うのだが、ざっと関連論文を眺める限り、そういう事実はないようだ。それが本当なら、不妊治療に根本的な変化が起きたはずだが、そういう話も聞いたことないし(http://www.jsrm.or.jp/public/funinsho_qa15.html)。まあ、そもそもテレビ番組用に撮影されたビデオが最大の証拠だとか言ってる時点で、信頼性は推して知るべしである。2017/02/05

Yasuhiro

6
凄いタイトルに惹かれて読んでみたら、学術的に子孫繁栄について論じられてました 昨今芸能界で不倫が問題になっているが、この本を読むと子孫繁栄のために人間に組み込まれたプログラムなので仕方ない気がしてきた2016/10/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/303018

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。