河出文庫
南仏プロヴァンスの昼さがり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 334p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309462899
  • NDC分類 934
  • Cコード C0198

内容説明

帰ってきて、本当によかった!プロヴァンスは今も美しく、平穏と静寂がここにはある。人々は季節の移り代わりに順応してのんびり暮している―世界的なベストセラーとなり、日本でも大ブームを生んだ「12か月」「木陰」に続く、安らぎと喜びにあふれたエッセイ3部作の完結編、ついに文庫化。「夏の午後の過ごし方」や「オリーヴオイルのすべて」等、やっぱりプロヴァンスが一番。

目次

帰ってきてよかった
迷宮入りした美男肉屋殺し
『ニューヨーク・タイムズ』グルメ記者、驚異の発見
理想の村
それでもプロヴァンスが好きなわけ
マルセイユ入門
鼻の学校
究極の栓抜き
夏の午後の過ごし方
フォアグラ二千年の遺伝的効果
オリーヴオイルのすべて
カルパントラのトリュフ市
園芸家と黒トマト
後記―プロヴァンスは変らない

著者等紹介

メイル,ピーター[メイル,ピーター][Mayle,Peter]
1939年、ロンドン郊外に生まれる。広告業界に入り、コピーライターから始めて成功を収める。性教育の絵本『ぼくどこからきたの?』のヒットをきっかけに会社を辞め、文筆業に転じる。86年秋に南仏へ移住。『南仏プロヴァンスの12か月』が世界的なベストセラーとなり、プロヴァンス・ブームが起こる

池央耿[イケヒロアキ]
1940年、東京生まれ。国際基督教大学卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

9
南仏プロヴァンスのエッセイ三部作の最終巻。諸事情で南仏を離れていた著者が南仏に戻り、プロヴァンスの魅力を再確認するエッセイ。前作と重なる部分もある南仏の姿を変わらない魅力と問題。風習、食べ物、住宅事情、人々のゆったりとした生活のリズム、夏の午後のすごし方。都市マルセイユや空想の村サン・ボネ・ル・フロワ。フォワグラ、オリーヴオイル、トリュフ。礼賛だけでもなく、批判だけでもなく、自分で感じた南仏を愛する著者の視線がいいなと思います。2014/06/26

にゃおりん

1
庭造りの話、思わずうなずいてしまう。2013/07/16

bunca

1
美味しくて楽しい生活を異国の地で過ごすのは、やはり大変なことだったのだと思い知らされました。前作より、食のお話が少なかったのが残念です。2010/01/09

冷や中

0
順番を間違えた。けど、仕事後に読むのに最適な本でした。2013/12/07

リセット癖

0
過去シリーズ2作より贅沢の探求に似てるように感じた。 職人をパスティスで迎え撃ったりするのが面白かったので個人的に少し残念。2020/06/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/416303

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。