河出文庫<br> 旅の終りは個室寝台車

個数:
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
旅の終りは個室寝台車

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月23日 12時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 240p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309418995
  • NDC分類 291.09
  • Cコード C0126

出版社内容情報

今はなき寝台特急「はやぶさ」など、鉄道嫌いの編集者を伴い、津々浦々の貴重な路線をめぐった、古き良き昭和の乗車記。新装版。

内容説明

『銀河』『富士』『はやぶさ』『北陸』…寝台列車が毎年のように姿を消していく。二十五年前、本書に「楽しい列車や車両が合理化の名のもとに消えていくのは淋しいかぎり」と記した宮脇俊三の旅路がいよいよ失われていく。「最長鈍行列車の旅」等々、鉄道嫌いの編集者を伴った津々浦々の鉄道旅を締めくくるのは今はなき寝台特急『はやぶさ』だった…。

目次

にっぽん最長鈍行列車の旅
東京‐大阪・国鉄のない旅
飯田線・天竜下りは各駅停車
東京‐札幌・孤独な二人旅
乗りつぎ乗りかえ流氷の海
紀伊半島一周ぜいたく寝台車
青森‐大阪・特急「白鳥」七変化
雪を見るなら飯山・只見線
九州行・一直線は乗りものづくし
旅の終りは個室寝台車

著者等紹介

宮脇俊三[ミヤワキシュンゾウ]
1926年、埼玉県生まれ。東京大学西洋史学科卒業後、中央公論社に入社。出版部長、『中央公論』編集長等を経て、1978年に退社。同年に国鉄全線乗車記『時刻表2万キロ』を刊行し、日本ノンフィクション賞を受賞。2003年2月26日病没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

koji

16
「第一阿房列車」と併読しました。内田百閒さんと宮脇俊三さんがシンクロし、私も、三人で旅する「浮遊した感覚」を味わいました。さて本書は、昭和57~58年の風変わりな旅行日記。旅のお供は、藍色の小鬼こと新潮社藍孝夫さん。この人、車派で、始めは仕方なく付き合っていたが段々宮脇さんに染まり、仕舞いには鉄道ファンでも二の足を踏む旅を焚き付ける迄に至る粋な編集者。10本に乗りますが、今でも乗れるのは飯田線ぐらいで往事を思い郷愁を感じました。宮脇さんの「きまじめさと洒脱さ(意外と下ネタ有)」が同居する文章を堪能しました2024/03/13

都人

4
私も旅は好きだが、乗り物には著者ほど執着は無い。年金生活に入って、青春18切符で著者のような旅をしたことがある。京都近郊の我が家から、この切符で一日で何処まで行けるかを試したのだ。西は門司、東は宇都宮、始発に乗らずとも行けた。二度ほど国際列車に乗ったことがある。ミュンヘン中央駅からザルツブルグ、ベルリン中央駅からプラハ(実際は途中のドレスデンで下車したが)。この本に登場する同伴者がほぼ私と同年配と思われ、思い出も重なり、面白く拝読した。2022/10/04

おかつさん

2
私はいわゆる「乗り鉄」である。また「飲み鉄」でもある。 本書でこんな一説がある。 『四人向い合わせの席でなら、ただの酒のみですむが、ロングシートで飲むと住所不定のアル中の趣を呈してくる。』 ボックス席で飲むのが至福のときと思っている私にとってはバイブル的一説である。2024/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19703187
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。