河出文庫<br> 大河への道

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

河出文庫
大河への道

  • ウェブストアに224冊在庫がございます。(2022年08月13日 07時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 215p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784309418759
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

2022年公開の映画「大河への道」の原作本。立川志の輔の新作落語「大河への道」からの書き下ろし。伊能忠敬亡き後を描く感動作!

内容説明

伊能忠敬の故郷、千葉県香取市の市役所に勤める池本は、観光振興策として「大河ドラマ推進プロジェクト」を任せられ、NHKに提出する伊能忠敬ドラマのあらすじを脚本家に依頼する。難渋する脚本家はふと、伊能図が将軍に上呈されたときにはすでに忠敬が亡くなっていたという事実を知る。伊能忠敬は死んだ後も生きていた…?こうして江戸後期の歴史に埋もれた奇想天外で感動的なドラマが始まる。

著者等紹介

立川志の輔[タテカワシノスケ]
富山県生まれの落語家、司会者。1983年、立川談志に入門。90年、真打昇進。古典から新作まで幅広い芸域で知られる。全国各地のほか、定期的に海外公演も行っている。芸術選奨文部科学大臣賞受賞、紫綬褒章受章。新作落語「歓喜の歌」が映画化。2019年、岩合光昭監督の映画「ねことじいちゃん」では初主演を果たす。NHK長寿番組「ガッテン!」は27年間司会者を、文化放送「志の輔ラジオ 落語DEデート」ではパーソナリティを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

タイ子

94
映画の公開を前に予告編が面白そうなので原作を読んでみた。さすが、落語家さんの書いた本ですね、笑うツボも押さえててオチもしっかりと面白かったです。日本地図に心血を注いだ伊能忠敬の物語を大河ドラマでどう?ていう案が市の観光振興課に任せられる。脚本家にお願いして案を練っていく様が描かれる。作中に挿入される忠敬の時代。改めてすごい人だったんだなと敬服。だが、地図が完成しないまま忠敬が死去。さて、困った!これでは幕府から中止命令が出される。最後まで仕上げたい、苦肉の策で弟子たちの取った行動が…。最後ホロリとくる。2022/05/18

ケイト

68
志の輔さんは落語家で龍角散の人(笑)2011年の新作落語を小説にしたもので映画上映中。【伊能忠敬】と言えば測量家として日本地図を作った人。忠敬の十七年にも渡る地道な仕事、色々な人が関わって作り上げる姿はなんとも頭が下がる。でも始めたのが高齢だっため志半ばで病死。そこに目をつけた千葉県香取市が『大河ドラマ』にとプロジェクトを立ち上げる。プロットを手がけた売れない脚本家が完成させた原稿は·····困ったなーでも笑った。最後のオチに又笑った「グッジョブ!」さすが落語家さん。面白かったー読み友さんありがとう。2022/05/29

佐々陽太朗(K.Tsubota)

67
志の輔師匠の新作落語が好きで『質屋暦』『身代わりポンタ』『みどりの窓口』『ハンドタオル』等々、YouTubeに公開されているものを何度も聴いている。年が押し詰まると『歓喜の歌』を聴くことが最近の恒例にもなっている。『大河への道』も聴きたいと思ってYouTubeを検索してみたが無かった。残念である。でもいつかTVかラジオで聴けるかもしれない。先の楽しみにとっておこう。それにしても伊能忠敬はすごい御仁である。NHKさん。ほんとうに大河にしてはいかが?2022/04/02

zag2

58
先日、映画を観てきて、これは原作も読んでみようと思った一冊。全国測量による実測図「大日本沿海輿地全図」を作った伊能忠敬が、完成の三年前に亡くなっていたという史実をもとに、地図を完成させた伊能組の人たちの苦闘と、その伊能忠敬を大河ドラマで取り上げてもらおうと奮闘する香取市役所の主任たちを描いています。映画と原作には微妙な違いがあり、それがまたまた面白い。「あ、ここは同じ」「ここは違う」と比べながら読むのも楽しい時間でした。2022/06/02

えむ女

57
志の輔さんの創作落語が映画になるらしく、大好きな伊能忠敬さんのお話だし期待しながら読んだ。大河ドラマに郷土の伊能忠敬翁を取り上げてもらおうとする市役所のメンバーと、脚本家。志の輔さんの落語で聞きたいし、映画も見たい。軽妙な進み方で面白く一気読み。2022/04/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19303120

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。